発酵酒房 初めての福順都家(ボクスンドガ)

福順都家は、釜山の北部にある蔚山(ウルサン)というところで作られている生マッコリの名前だ。

製造している会社が南浦洞のメインストリートである光復路(クァンボッロ)に店を出したという記事を見つけて、ぜひ行ってみたいと思った!

母の四十九日法要を終えた直後、約8ヶ月ぶりに釜山へ。
最後まで韓国へ旅することを希望していた母の供養のためにも行かねば!と思っていた。

初日の夜、本当は別の料理を食べる予定だったが、雨が降り出したので予定変更!
韓国では雨の日は、チヂミとマッコリが定番だから♪

店は、光復路に面したビルの2Fにある。
店内はにぎやかだが、光復路に面した窓側のテーブルには誰もいない。

メニューを見るが、値段表示が変!
全部、一桁か二桁の数字だけ・・

たぶん、これはウォンのゼロを除いた数字だろうと推測!
みためがオシャレだから、取り入れているだろう・・

料理の値段が高いので、複数メニューの注文はできない。
海老のティギムがとても気になるけど、天ぷらばかり食べるのはムリがある。

生マッコリ1本とイカのバター焼きにした。
チヂミやビンデットッは油っぽいから・・
おいおい、韓国の格言は、どうなった?(苦笑)

バンチャンと呼ばれる無料おかずが最初に登場!
トトリムッ(ドングリゼリー)、野菜サラダ、サラダ味せんべい。

ふつうのマッコリは、テーブルに伏せてある小さな丼みたいな器で飲むが、福順都家を注文すると、この器は下げられる。

店員がマッコリの瓶をグルグル揺らして、ゆっくり蓋を開けると、シャンパンのように泡が立つ。

少し開けては蓋を閉め、じわじわと空気を入れていく。
いっきに開封すると、中身が全部あふれてしまうんだろう・・

開封したばかりの福順都家は、ものすごく良い香り☆
これまでに飲んだマッコリとは違う味で、飲みやすい!
日頃は酒を飲まないけど、生マッコリとは相性がいいのか、けっこう飲める。

しばらくして、イカが来た。
大皿に丸ごとの姿焼きがドカン!

醤油マヨネーズ、ケチャップとマスタード、大量のフライドポテトが添えてある。
とてもじゃないが食べきれない!

隣にカップルが来た。
注文品を見て、ティギムは海老とイカの揚げ物だと分かった!

揚げ物と説明してくれたから違うものを想像したが、ようするに海老フライだ。
大きくて立派な海老なので、うらやましい・・

後ろのテーブルに来た女の子3人の注文品は、大きな楕円形の揚げ物がてんこ盛り!
どうやら若い韓国人は、揚げ物が好きなようだ。
伝統的な韓国料理の方が、身体にいいと思うけどねぇ・・

ひとりで飲む客なんてめずらしいからか、途中でスタッフがようすを見に来て「いかがですか?」と訊く。
つたない韓国語で、「マッコリが大好き!ホントに美味しい!」と答えた。

「良かったら、コレも味見してください!」と、小さなグラスでおススメの焼酎を試飲させてくれた。
美味しいけど、韓国では焼酎を割らずに飲むので、私には強すぎる・・

どんなに美味しくてもボトル1本のマッコリは、飲みきれない。
ダメ元で、持ち帰りできるか訊いてみる♪

スタッフがニッコリ笑って「もちろんです!」と、専用の細長い袋に入れてくれた。
以前、南浦洞の別のマッコリ店で、「持ち帰り禁止!」と言われたので、訊くのは勇気が要った。

ちょうど私が歩く時に強く降るなんて、ホントに意地悪な雨だと思ったけど、おかげで美味しいマッコリに出会った♡

この店舗は、現在なくなっているが、釜山の水営(スヨン)で福順都家を飲める!
今のところ、韓国でいちばん美味しいマッコリだと思う♡

狭くて急な階段にある頭上注意!の注意書き。
だけど、酔っぱらってココで頭を打った人は数知れないだろう・・(笑)

◆福順都家に関する記事◆
雨の日はマッコリとチヂミ♪
福順都家 F1963
再び、F1963福順都家へ♪

店舗情報
店名 복순도가 F1963
住所 부산광역시 수영구 망미동 475-1

福順都家F1963へのルート