二十八萬石 中津

フラッと中津へ1泊2日のドライブ旅♪

【関連記事】
生本まぐろ 炊き餃子 井上 中津
マテ貝採り 真玉海岸 国東半島
菜の花フェスタin長崎鼻 国東半島

16時過ぎ、ホテルへチェックイン。
宿は、いつもルートイン中津駅前!

【関連記事】
ホテルルートイン中津駅前

中津でいちばん私の条件に合うホテルだと思う。
私は、ホテルへの要求がかなりキビシイ!

きよさんと待ち合わせて、駅前のアーケード街へ♪
「今日は、ここ!」とうれしそうに指さすのは、中津駅からも近い場所にある二十八萬石という大衆居酒屋。

長い間、酒を飲まなかった私だが、ウェールズ留学で酒の味を思い出した。
そんな私を一度、案内したいと思っていたようだ♪

長いカウンター席の背後にテーブル席が2つくらいだったか・・
2階もあるけど、今は使っていないようだ。

まだ早い時間なのに、私たちがギリギリセーフ!
後から来た人たちは、満席で断られていた。
酒を愛する人々にとって、コスパの良い店がいちばんだ!

「何を食べたい?」と訊かれても、メニューが多過ぎて困る!
遠くて、よく見えないから、決めるのに時間がかかる・・

刺身の盛り合わせと若鳥からあげを注文して、ビールで乾杯♪
久しぶりに焼き鳥を食べたい♡

焼き鳥の注文で気づいたけど、呼び方が北九州市と違う。
鶏ももを北九州市では、かしわと呼ぶが、中津は焼きとり。

豚の腸を北九州市では、ダルムと呼ぶが、中津はホルモン。
砂ずりは、すなずりで同じ♪
こんなに近くても、食文化は微妙に違うんだ・・

若鳥からあげは、ももがドカンと大きいままで登場!
中津唐揚げは、下味の付いたものが多いけど、二十八萬石は素揚げ。
自分で塩味を付けて食べる♪

薄味好みの私としては、素揚げの方がうれしい!
でも、コレは食べにくいので、できたらぶつ切りにしてほしいな・・

穴子好きのきよさんが、最後に見つけた天ぷらを注文。
1本丸揚げの穴子だ!

私は尻尾の方を少しもらった。
先週、穴子にこだわって中国地方を旅したが、天ぷらはあまり食べない。

【関連記事】
寿司・和食 しば田 倉敷
あなごめし和田 宮島

「ここで、1人5,000円分食べるのは大変!」と言うきよさんの言葉が分かる。
サラリーマンの憩いの場を体験できて、楽しかった♡

店舗情報
名前 二十八萬石
住所 大分県中津市日の出町1−216

二十八萬石へのルート