袖振り合うも他生の縁♡

草梁(チョリャン)イバクキルを降りてきて、いつもの店でテジスユクを食べる♪
2人分のスユクは、大量で美味しそう☆

詞子も私が行く店が気になっていたようだ。
店の詳しい内容は、こっちの記事を見てね!

詞子が「美味しいから今度、JUNを連れて来るよ」と言ってくれたのが、うれしい♡
食後、レジにあるハッカ飴をもらって店を出た。

釜山駅まで地下街を歩いて行きながら、ビジュンの話をすると、詞子は餅が好きだと言うので駅へ向かう。

ビジュンは、ソウルにある餅菓子の店だ。
私は仁寺洞(インサドン)で最初に買った。
釜山駅にもあると分かって以来、餅好きな妹や友だちに買って帰ることにしている♡

駅前はすっかり改装されて、つまらない風景になっている!
なぜ、こんな風にしたのか?

出発ロビーがある階へ行くと、柱の影から韓日友好会会長のチェさんが出てきたのでビックリ!
昨日、ロッテデパートで会ったと思ったら、今日は家族がいっしょだ。

人口400万近い釜山で2日間に偶然、二度も同じ人に会う確率は、恐ろしく低いと思う!
チェさんとの縁を感じる♡

ところがビジュンが無くなっている!
餅の店だけど違う。

せっかくだから薄い餅に花の形を押し、あんこを挟んだものを買うことにした。
店頭で男性が手作りしているのをガラス越しに見ることができる♪

南浦に戻ってイニスフリーでフェイスソープを買おうとしたが、詞子がロッテマートにあるというのでついて行く。
2階の化粧品売場には、なかった。

もう1ヶ所、5階にもあると言う。
上の方に上がるエレベーターが見つからずウロウロ・・

ロッテマートは、いったん入ると簡単に売場から出られない仕組みになっている。
ゲートみたいなところでスタッフに声をかけて、出る。

結局、ロッテデパートの5階にあった。
免税で3,500ウォン戻ったのでうれしい♡

地下に降りて、詞子がいつも買うというセールのところでピンク色のマフラーを買うかどうか悩んだ。
彼女が買ってあげるというけど、お世話になりっぱなしなのに困るので自分で払う。

30,000ウォンだけど、ブランド品らしい。
ブランドはどうでもいいけど、気になるのは本物のファーだから洗濯に困りそう・・

午前中に買ったものはスタッフがレックスだと言っていたなぁ!
レックスって何だ?

めんどくさがりの私は、洗濯機でガンガン洗えるフェイクファーで充分!
好きな形を見つけられなかったから、ちょっと高いけどロッテデパートで買ってしまった。

買い物を済ませて詞子が娘Junに連絡したが、夕食に来ないと言う。
チキンを買ってほしいと頼まれたらしい。

店を探していたら、突然「トイレへ行きたい!」と言うので、EDIYA COFFEEに入った。
ここはミルクティがあるので良かった。
まだ体調が完全じゃないので、コーヒーばかり飲むと胃腸の調子が悪くなる・・

ブルブル振動する機械(アレって、何と呼ぶんだろう?)を横に置いて、イスに座って待つ。
詞子が戻るのを待ってミルクティを受け取り、2階へ。
韓国のカフェは、2階の方が落ち着いて話ができる♪

詞子が「そろそろ帰る!」と言うまでしゃべり続けた♪
近くのチキン専門店『チルチルケンタッキー』で持ち帰りを注文。

店内の客へ運ぶのを見ていたら、大きなステンレス製の器に山盛りのフライドチキンとフライドポテトが乗っている!

不思議なのは、ミニトングでつまんで食べていることだ。
フライドチキンは手で食べるのがいちばん食べやすいと思うけどなぁ・・

詞子によると韓国人は手が汚れることを嫌うらしい。
一方でウェットティッシュなどを用意していないから、トングを使うんだろうと言う。

なるほどねぇ♪
これも文化の違いかもしれない・・

座って待っている間に満席になったので、4人組に席を譲った。
若くても、きちんと頭を下げて礼を言うのが韓国人だ。

初めて詞子の家へ寄って、チキンや餅を分けてからホテルへ持って帰った。
まだ温かいフライドチキンは、カリッとした衣で美味しかった☆
ポテトは冷凍だろう・・1本だけ食べた。

韓国特有の甘酢大根のパックを全部、食べてしまった!
ピザにも付いているけど、大好きだ♡