久しぶりの釜山ひとり旅

2018年は、1月のソウル旅、2月の大阪旅、3月の台北旅で始まった。
3月末から6月初旬までは、1年中でいちばん忙しい!
でも、息抜きしたくて釜山行きのチケットをポチった♪

半年ぶりの釜山行きだ。
今回の旅は、ほとんど何も計画していない。

母が亡くなって、8ヶ月・・
義務感で働く毎日にウンザリしていた。

ネットで検索して見つけた松島(ソンド)のケーブルカーだけは、ぜひ行ってみようと思う!
釜山でいつもお世話になるハさんに会って、いっしょに食事する約束をした。
後は、なりゆきに任せるつもり♡

出発当日も15時まで働き、そのまま空港へ向かう。
5ヶ月後から定期便が就航する台北行きの看板を見ると、3月の台北旅を思い出す♪

駐機しているジンエアー機の後ろをゆっくり移動するスターフライヤー。
天気が良いので、楽しいフライトになりそうだ!

滑走路の向こうに細く青く見えるのは、周防灘。
北九州空港は海上空港なので、24時間使える☆
理論的には使えるけど、利用する航空会社がないのが悩み・・

席は前から3番目。
あらかじめ、ジンエアーのHPで予約しておいた。

わずかな金額で前方の席を予約できるんだから、利用しない手はない!
後方座席は、出入りに時間がかかるからイヤ。

ジンエアーの女性CAは、めずらしくポニーテールだ♪
ほとんどのエアラインでは長髪の場合、きっちりまとめてお団子にしているのにね。
これは、これでいいと思う!

韓国系エアラインで出るオレンジジュースは、濃くて美味しい☆

隣は空席で、通路側に韓国人ガイドの女性が座った。
最初に少し話をしたが、32人もの集団を引率したせいで、お疲れモード。
ずっと寝ていた。

飛行機は、宗像の上を通って飛ぶ。
完全な逆光なので、キレイな写真が撮れないが、光る海がキレイだった!

釜山は霞んでいて、良く見えない。
写真は、釜山の西にある巨済島(コジェド)へ渡る橋だと思う。

入国審査は、すんなり終わったが、荷物は半分くらい出た後にやっと出てきた。

とりあえず市内へ行くだけのウォンを持っていたら、空港では両替しない。
南浦洞に泊まる時は、近くに良い両替所があるからだ☆

思ったより早いので、交通費を節約するためリムジンバスで行こうかとバス停へ行った。
行き先に南浦洞と書いてあるバス停にいた男性に「南浦洞へ行く?」と訊いた。
「次のバスは行かないから、30分後のバスになるよ」と言う。

そんなに待っていられないから、タクシー乗り場へ移動。
軽電鉄と地下鉄の乗換で行こうとは思わない。
金海空港から釜山市への移動については、こっちの記事を見てね!

タクシーへ近づくと、すぐに運転手がスーツケースを奪うようにトランクへ入れる。(笑)
やや強引なやり方だけど、イヤだと思ったら「NO!」と言えばいい。

宿泊先のホテルの名前と住所をハングル文字で印刷したものを見せながら「여기에 가주세요!(ここへ行ってください)」と説明する。

運転手は車を幅寄せして、ナビに住所を打ち込んでいるが悪戦苦闘。
後ろから見ている私の方が分かるんだけど・・
「中区(チュング)は、次のページだよ」と韓国語で言えたらいいのに。

ホテルの場所は詳しくないが、金海のことは詳しいようで、今まで通ったことがない裏道を抜けていく!

釜山市街地に入り、中央駅近くの大通りに出て、釜山タワーを右手に見ながら走る時、自分がいる場所が分かった。

エリシーホテル周辺は、道が狭くて人通りが多い。
金海国際空港からタクシーで来ると2回に1回は、運転手が迷う!

「もし、運転手が迷ったら道を教えてやろう!」と構えていたが、優秀なナビは間違えずにホテルへ到着。

細かいお金がないので、5万ウォン札で支払ったら、100ウォンまできっちりお釣りをくれた。
今どき、こんな律儀な運転手は、めずらしい!

金海国際空港へのルート