パソコンのアダプターコードに注意しよう!

留学前に調べていて不思議だったのが、ネット上にノートパソコンについての情報が、ほとんどなかったことだ!
若い人はスマホですべてを済ませるから、パソコンを使わないのか?

私は日記代わりのブログを書くことを考えていたから、ノートパソコンを持って行くことは決めていた。
海外旅行には慣れているので、英国用のBF型プラグを2つ準備すれば万全だと思い込んでいた。

カーディフに到着し、寮の部屋のコンセントにBFプラグを挿入して、ノートパソコンのコンセントをつなぎ、電源をON!

さあ、これから新しい生活が始まるぞ、と思ったら数時間でブラックアウト!
どうした?何が起きた?とアレコレやってみたけど、ノートパソコンは死んだまま。

原因を究明しようとしたら、まずスマホをレジデンスの学生向けフリーWi-Fiに接続する必要がある。
フリーWi-Fiとはいえ住所、氏名、電話番号など必要事項が多く設定に手間がかかる・・

しかし、スマホで検索してみたけど、原因が分からない!
いくら何でもノートパソコンを買い替えるとなると、非常に大きな出費なので、泣きたい気持ちだった。
もっとも、私は泣くより怒り出すタイプだけど・・

故障の原因は、電圧の違いだった。
こう書くと、そんなことは当たり前だろう!という人が多いかもしれない・・

でも優秀な日本の電化製品は、ほとんど110V~240Vに対応しているので、プラグさえあればたいていの国でそのまま使える!

少なくともこれまで私が旅行した国々では、何も問題なかった。
人のせいにするワケじゃないけどネットの情報でも、そう書いてある。

ところが!
パソコンの場合、110V~240Vに対応しているのはアダプターからノートパソコンへのコードのみだった。
ネット上には、この情報がなかった。

 

コンセントからアダプターまでの30cmくらいのコードが、240Vに対応していないのだ!
つまり、この部分が壊れてパソコンが使えなくなったのだと推測した。

これまでは、アダプターやコードが、どこで接続されているかなんて考えたこともなかった。
パソコンにコードをつなぎっぱなしで使うのが、当たり前だったから・・

この部分のコードをどこで買えばいいのか?
アマゾンUKなら大量に扱っているだろうけど、購入すべきコードを間違ったら困るので、アマゾンジャパンから取り寄せることにした。

数百円のコードのために、送料2,000円も払うハメになったけど、このコードのおかげで無事にノートパソコンを使えるようになった☆

日本からノートパソコンを持って留学する人は、海外用のコードを購入しよう!