台湾の飲み物注文について

今、日本でもタピオカドリンクがあふれている!
私は台北へ行くまで、一度も飲んだことがなかった。

やはり台湾のミルクティは美味しい♪
滞在中は、あちこちの店で買って飲み比べした。

台湾では飲み物を注文する時、細かい指示が必要だ。
漢字ばかりのメニュー表から商品の種類を選ぶだけでも大変なのに、最後に大仕事が待っている!

台湾ドリンク注文方法
・買うものを選ぶ
・数を伝える
・容器の大きさを選ぶ
・甘さを選ぶ
・氷の量を選ぶ

宿泊していたパークタイペイホテル近くの小さな店で毎日、飲み物を買ってから、部屋へ戻った。
店主は、若くて親切な男性だ!

窓口に置いてある特別注文への説明文
左側は砂糖の量、右側は氷の量についての指示。

砂糖の量は、半分、3割、無糖から選べる。
氷の量は、8割、3割、氷なしから選べる。

この店は、分かりやすい表示だが、多くのチェーン店のメニュー表はもっと難解だ!
たぶん、こんな感じになる。

【 甜度 】 正常塘、少塘、半糖、微糖、無糖
【 冰塊 】 正常冰、少冰、微冰、去冰

店によって選べる種類が違うが、甘さ3割が日本の甘い飲み物だと思えばいい。
甘さ半分は、日本的感覚では、かなり甘い台湾人好みの味☆

私が利用していたカフェにはなかった少糖は、甘さ7割なので、めちゃくちゃ甘い!
正常塘は、その名とは違って激甘なので、注意しよう。

おもしろいのは、氷の量を減らしても、全体量が減るワケじゃないこと!
日本ならアイスコーヒーの氷抜きを頼んだら、たぶん容器半分くらいのコーヒーしかないだろう。

ところが台湾では、氷3割の微氷を頼めば、その分の飲み物が追加されるのだ☆
氷を減らしても全体量は変わらない、というのがすごい!!

毎日、あちこちでタピオカドリンクを飲んだ私が最終的に選んだのは、微糖・微冰でタピオカ抜き!
つまり、ふつうのミルクティだ!(笑)

台湾のタピオカは、日本や韓国のものより、はるかにモチモチ感があって美味しい☆
でも、量が多すぎて残してしまうので、「無くてもいいかな?」と思うようになった。

日本では無糖のコーヒーや紅茶しか飲まないが、台北では少し甘い方が美味しく感じた。
やはり気候が違うと、味覚が変わるんだろう!

文字が小さくて読めないかな?
小さなドリンクショップでも、こんなにたくさんの種類から選べる!

台北で、自分好みのドリンクを楽しんでほしい♡