桃園国際空港について

初めての台北旅4日目。
朝食は金峰魯肉飯(ジンフォンルーロウファン)で、しっかり食べた!

迪化街をブラブラして最終日をのんびり過ごすつもりだったが、薄曇りだった空が明るくなってきた!

またまた予定を変更して、台北101(イーリンイー)へ向かう。
91階から眺める台北市内のようすを満喫したところで、時間切れ!

到着時はリムジンバスを利用したが、疲れがたまったので昨夜、タクシーを予約。
ホテル近くのドリンクショップで最後のミルクティを買ってから空港へ!
黒い高級車で贅沢気分を味わう♪

桃園空港は混雑が激しいと聞いていたので、早めに到着した。
スターフライヤーの手続きは、チャイナエアラインが代行している。

でも、スタッフに訊くと、2時間前にならないと受付しないと言う。
こういうシステムは、何とかしてほしい!

椅子もない所で、大きなスーツケースを持ったまま何をしろと言うのか?
しかも出発ロビーなのに、カフェや土産物の店がない!
椅子もほとんどない!

出国審査場手前にある店舗。
いったい何を考えて、ここに店を作ったのか?
通路には、行列を整理するためのロープがあるくらいなのに・・

幸い、この日はいつもと違って、混雑もなくすんなり出国できた。
いつもと違うと分かったのは偶然、台北に何度か来ている人と出会ったおかげ♪

彼女が前回来た時は、出国審査にすごく時間がかかったため、免税店で買い物する時間が全くなかったそうだ。

頼まれていた凍頂烏龍茶を買ったので、もう免税店に用はない!
出発まで1時間20分くらいあるので、プラザプレミアムラウンジで食事をすることにする。

ホットディッシュは、ライトのせいか料理の色なのか、全然美味しそうに見えない・・
左からキムチ入りトッポッキ、スパゲティミートソース、素揚げ野菜、味噌味のバーベキューチキン、野菜炒め。

サラダとデザートのコーナー。
いろいろな生野菜とデザートが2種類。
オレンジピンクのソースがのった杏仁豆腐をもらった!

ブツブツに切れたスパゲティミートソース、味噌味バーベキューチキン2切れ、焼き野菜。
そして!冬瓜茶

実は、ネットで見た冬瓜茶に興味津々だった。
「こんな不味いものを、なぜ売っているのか?」と書いている記事をたくさん見たからだ。

自分で飲まなきゃ判断できない!
結果は・・寄ってたかって言うほどの不味さじゃないけど、また飲みたいとは思わない味。(笑)

ラウンジのインターネットコーナーは、蜂の巣みたいなパーテーションなので、個食を楽しめる♪
日記を入力する私には、とてもありがたい設備だ。

ラウンジ内には当然、館内アナウンスも入る。
聞くともなしに聞いていたら、「北九州便のゲートが変更になりました」と言う。

案内板で確認したら、やっぱりチェックインの時には5番ゲートだったのに6番に変わっている!

ここへ来る前にゲートの場所を確認しておいたが、6番がすぐ隣にあるとは限らない。
早めに移動する。

制限区域内の通路
右は漢字が浮き上がるようなディスプレイ。

左はグリーンで、なかなかオシャレな空間だ☆
どこも同じだけど、だだっ広い空港は歩く楽しみがほしい!

遠目に見た時は、どうせ偽物だろうと思っていた。
近づくと、ポットごと植えてあると分かった!
すごいなぁ・・

幸いなことに、6番ゲートは5番のすぐ隣だった☆
18:30発となっているが、これは台湾時間なので、日本では19:30だ。

A6ゲート待合所のようす。
チェックインの時に話をした女性と再会。
彼女は、食事場所を見つけられず、免税店でマンゴープリンを買って食べただけだから、お腹が空いたと言う。

数人に訊いたら、やはり食事をとれなかったと言う人が多かった。
これからまだ2時間30分もかかるのに・・かわいそう!

SFJ機内
今回の旅は、往復とも全席指定で選べなかった!
帰りは、こんな後ろの席だ。

ハプニングも多かったけど、初めての台北旅は、美味しくて楽しかった♡

【 追記 】
定期便になってからは、ちゃんと機内食をサービスしているそうだ。

桃園国際空港へのルート