語学学校の入校日

入校日は基本的に月曜日だけど、生徒の都合によって違う曜日でも構わないようだ。
ただし、費用は一週間分として計算される。

レジデントも同じ仕組みで、日曜日から土曜日までの一週間ごとに計算される。
日曜日にレジデントに入り、翌日の月曜日から学校へ通うのが通常スタイルだ。

しかし時差が9時間もあり、直行便で14時間、乗継便だと25時間くらいかかる日本から到着する生徒には、とてもじゃないけどキビシイ状況だ。

それでも一切の例外は認められない。
到着してから入校までゆっくりしたい場合は、寮費を一週間分余分に払うか、数日ホテルを取るしかない。

さて、時差ボケのまま入校すると、最初にテストがある。
学生用のリビングルームにあるテーブルで、10名くらいが一緒に受けた。

数枚のプリントを配った学校のスタッフは「終わった人は受付へ持って来てね!」と言って、戻ってしまう。

みんな真剣に取り組んでいるけど、英語のテストなんて大昔やったきりの私には、考えるだけムダ!
適当なところで席を立って、持って行った。

その後、受付で待機していると、1人ずつ名前を呼ばれる。
別室で優しそうな男性スタッフとマンツーマンで面接!
後で分かったけど、この人が教務責任者だった。

「なぜ、英語を学ぶのか?」
「なぜ、ウェールズを選んだのか?」
などの質問があったが、ほとんどまともに答えられなかった。

困っていると、さすが語学学校のスタッフだけあって、分かりやすく何度も質問方法を変えてくれる。

私は自分なりの考えで、あえて留学前に英語の勉強をしなかった。
英国の語学教育がどんなものなのか、指導方法を知りたいと思っていたからだ。

面接の最後に「あなたは、ビギナークラスに入ることになりますが、1つ問題があります。午後コース希望ですが、ビギナークラスは午後の設定がありません。レベルを変えるか、午前中のクラスにしてもらえますか?」と言われた。

質問内容を理解することと答を考えることで、貧弱な脳がパンクしそうだった!
そして、口から出た言葉は「上のクラスは困ります。午前中のクラスにすると、費用が上がるんですか?」という経済的問題に対するものだった!

彼は笑って「いえいえ、こちらの都合によるものなので、あなたは追加料金を払う必要はありませんよ」と答えた。

「だったら、午前中のクラスでいいです!」と言うと「あなたが努力して勉強すれば、クリスマスホリデー明けには、上のクラスへ上がれます。そうしたら午後コースに変更できますからね」と説明してくれた。

ビギナークラスの教科書を受け取って、部屋を出た。
真新しい教科書は、分厚くてずっしりしている。

すべての学生の面接が終わるまで待たずに、別の棟にある学生用リビングルームで、明日からのスケジュールについて、受付スタッフが説明を始めた。
途中から参加した生徒は、内容がよく分からないだろうに・・

説明が終わると、受付スタッフがカーディフ市内を徒歩で観光案内してくれた。


カーディフ市庁舎

国立博物館や市庁舎の近くにある学校なので、立派な建物の前を通りながら、紅葉が美しい公園へ入った。

ビュート公園という大きな公園で、すぐ横にカーディフ城がある。
この日は天気が良かったので、キレイな写真が撮れた☆


ビュート公園の紅葉

カーディフ城正門前で記念写真を撮ったけど、誰のスマホにデータがあるのか分からない。

正門前の大通りを歩いてカーディフ市場へ行き、小さなお菓子の店へ行った。
受付スタッフが人数を数えて注文する間、みんなお菓子をチェック♪

私は事前に調べていたので、それが『ウェルシュケーキ』という伝統菓子だと知っていたけど、他の人たちは何だろう?と見ていた。

市場を抜けたところにある教会の傍で、受付スタッフが買ったばかりのウェルシュケーキを1つずつ配ってくれた。

まだ、ほんのり温かいウェルシュケーキは、素朴な味でまた食べたい!と思うくらい美味しかった☆
ウェールズ流のおもてなしだろう。


カーディフ市場のウェルシュケーキ

翌日、8時45分から毎日3時間の授業が始まることになる!