交通ルールについて

もっと早い時期に書くべきだったかもしれないのが、交通ルール!
明治時代、英国から交通ルールを取り入れた日本だから、基本的な部分は同じだ。

車は、左側通行で右ハンドルなので、運転しやすい♪
英国の速度は、マイル表示だ。

標識に50と表示されていたら、80km/hの意味になる。

ウェールズとイングランドの田舎を走り回って、つくづく感じたのは、曲がりくねった田舎道がなぜ、50マイルなのか?ということだった。

そんなスピードじゃ、怖くて走れない!
高速道路なら、120km/hの制限速度でも走れるが、先が見えない田舎道はムリ・・

日本人にとっては、あまり違いのない英国で、最大の難関が、ラウンドアバウト

ラウンドアバウトとは
信号機を使わず、交差点の真ん中に島と呼ばれる空間を作り、車の流れをコントロールする。
常に、右側から来る車が優先というルールを守るだけの、シンプルな一方通行システム。

日本の交差点で、対向車も横からの車もいない時、赤信号で停車するのは時間のムダだ。
100mおきの信号機がバラバラに動くのも、ガソリンと時間のムダ!

信号機が必要なのは、一部の混雑地域だけだと思う。
日本中のムダな信号機を排除すれば、どれだけ走りやすくなるだろう☆


ラウンドアバウトイメージ

ラウンドアバウトなら通常の十字路だけでなく、五叉路だろうが六叉路だろうが問題ない♪
通行量の少ない田舎では、交差点で停止することなく目的地へ走り続けることができる☆

もっとも、田舎の小さなラウンドアバウトならともかく、都市部にある高速道路へのラウンドアバウトは、大きくて一度、出口を間違うと大きく迂回することになる上、円形を走っていると方向が分からなくなるのが、難点!

 

一方、歩行者として注意すべきことがある。
礼儀正しくマナーを重んじる英国人だが、自分が歩行者の時は、信号を守ろうとしない!
街の中で赤信号を待っているのは、外国人だけだ。
語学学校の友だちも、ほとんどが信号を守っていた☆

英国人は、ムダを嫌う。
合理的じゃないことが、キライなのだ。
自分の安全が確保されていると判断したら、たとえ信号が赤でも平気で渡って行く!

だから旅行者は、周りの人が赤信号で歩き始めても、つられないように気をつけないといけない。
私は英国人と同じくらい合理主義なので、自己責任で渡るけどね・・

道路を横断する時、日本では片側1車線の道路だろうが3車線の道路だろうが、横断歩道を一気に渡ることになる。
コレは高齢者や障がい者にとっては、とてもキビシイ!

しかし英国は、道路の中央部に『島』と呼ばれる待機場所を設けている。
まず右側から来る車が途切れた時に、『島』へ渡る。

次は、左側から来る車が切れるのを待って、反対側へ渡るのだ!
これなら、半分ずつの距離で済むので、安全に横断できる☆

歩行者の安全をよく考えた方法だと思う♡
人の動きを考えて、島に安全のための柵をずらして設置しているのが、とても賢い!

そして、私が最も好きなビーコン付き横断歩道
日本では、歩行者が横断歩道に立っていても、信号機がないところでは、止まる車がほとんどない。

でも、考えてほしい!
暑い日、寒い日、大雨の日など天候が悪い時に、ジッと車が途切れるのを待つ歩行者の気持ちを!

そんな歩行者思いの施設が、ビーコン付き横断歩道だ!!
ビーコンは、横断歩道の両側にある頭の部分が黄色の点滅ランプが付いた白黒のポール。

この横断歩道に歩行者がいる時は、車は必ず止まって歩行者の安全を守らなければならない!
止まらないとキビシイ制裁があるようで、違反する車はいない

もしかしたら、ビーコン付き横断歩道には監視カメラを設置しているのかもしれない。
これまでの英国旅行は、もちろん留学中も、私がビーコン付き横断歩道にいる時に、突っ切って行った車は1台もなかった。

道路を横断するコツ!
車が近づいている時に渡り始める時は、車の方を向いて、『今から渡るぞ!』という視線を送る。
走って渡ってはいけない!
最初から最後まで同じスピードで、ゆったりと歩くのがいちばん安全☆

朝の忙しい時は、いまいましそうな顔をして止まるドライバーもいるが、ニッコリ笑って渡ればいい♪
大雨の日や寒い日は、どれだけありがたい存在だったか☆彡

どうして、この横断歩道を日本に導入しないのか不思議でならない!
政治家は、視察と称して税金でぜいたくな旅行をする割に、肝心なところは見ていない・・

 

ウェールズでは、公共施設や道路標識は全てウェールズ語と英語の二ヶ国語表記になっている。

写真は、毎日通った道路にある大きな標識。
いつも標識の下を歩いていた♪
それくらい大きな標識だ。

この交差点は、いつも渋滞している!
週末は、ショッピングセンターの駐車場がある右折側に長い列ができる。