ウェールズについて

留学を決めて知り合いに話をすると、たいていこんな質問を返された。
「で・・ウェールズって、どこ?」

英国にあって、イングランドの西で・・と答えると「あぁ、イギリスね!」と言われてしまう。
そもそも、『イギリス』という言葉が問題だと思う。

英国は、正式名称を United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland という。
略称は、UKだ。

・イングランド
・スコットランド
・ウェールズ
・北アイルランド

これら4つの国から成り立っている。

UK及びイングランドの首都は、ロンドン。
スコットランドの首都は、エジンバラ。
北アイルランドの首都は、ベルファスト。
そして、ウェールズの首都が、カーディフだ!

カーディフは、ロンドンから西へ約240km。
長距離バスだと約4時間、列車なら約2時間。

ウェールズ以外の国々は英語が国語だが、ウェールズは、ウェールズ語も使う。
公共の施設全ては、2ヶ国語表記だ!
頭では理解していても、ウェールズ語を読むと、まるで読めず途方に暮れる!

カーディフ中心街にあるビュート公園出入口の案内板

英国を象徴するような広々とした平野は少ないが、ウェールズは自然豊かで海岸線も山も美しい☆
ウェールズ政府のホームページは、ここ
英語のサイトだけど、ウェールズがどんなところなのか理解するには、画像を見てもらうのがいいと思う!

ウェールズ国内には、すばらしい国立公園が3つある。
多くの英国人が休暇先にウェールズを選ぶくらい人気がある!
留学中、私は4回旅をしたが、ロンドン行きを除く3回はウェールズを見て回った。

留学中のドライブ旅行
・クリスマスホリデー中、7日間、西ウェールズを車で旅行。
・3月の週末2日間、フラットメイトとブレコンビーコンズを車で旅行。
・語学学校終了後、22日間、北ウェールズ~南西イングランドを車で旅行。

それぞれの旅については、別の記事に書くつもり♪

ウェールズ人は、明るくフレンドリーな性格の人が多い。
カーディフは港町なので、特に外国人に対しての垣根がなく生活しやすい!

地方へ行くと更にフレンドリーさが増して、細い田舎道を走っていると突然、声をかけられる。
何事か?と思って車を停めると、「大丈夫ですか?道を間違って困っているんじゃないですか?」と心配してくれているのだ。

愛犬と散歩していた男性だった。
1人旅だと話し相手がいないので、ちょっとした会話ができるのもすごくうれしい♪

ペットは飼い主に似るというけど、ウェールズの犬たちは飼い主に似てフレンドリーで可愛い♪
いったい何匹の犬の写真を撮っただろう!と思うくらい、たくさんの写真を撮った。

行儀が良くて、おりこうだから飼い主に「写真を撮ってもいい?」と頼むと、ほぼ100%許可してもらえる。

しかも、「さあ、〇〇ちゃん、いい顔して!ほら、こっちを向いて!」と声をかけたり、指を鳴らしたりして協力してくれるのだ☆

ウェールズ人の愛国心はとても強い!
街じゅうにウェールズ国旗がはためき、地元でラクビーの試合やフットボールの試合があると国内からファンが集まり、街がシンボルカラーの赤で染まる。

今年の秋、日本でラグビーワールドカップが行われる。(2019年7月現在)
これは、偶然にしてはデキすぎている!

しかも出発直前、私たちの街がウェールズナショナルチームのキャンプ地の1つに選ばれたと知り、縁を感じた☆

歩行者天国にあるラグビーワールドカップ日本大会の宣伝幕

6ヶ国対抗試合でウェールズが優勝した後、記念写真コーナーに多くのファンが集まったところ♪