やっぱり遠かった山陰路

足立美術館を見学後、日本海沿いを走る国道9号線で萩へ向かう。
距離は約240kmだが、4時間もかかるとは想定外だった!

家から大阪の堺まで約600kmで、7時間程度だから、もっと早く到着できると思っていた。
たしかに高速道路じゃないから、スピードは出せないけどね。(苦笑)

しかも、10~15kmくらいの長さのブツブツ切れた未来の高速道路?を何度も乗り継ぐ。
いつ完成するのか知らないけど、その頃には今、走っている道路を補修する羽目になると思う・・

国道9号線は日本海沿いを通っているから、美しい景色をずっと眺められると思っていた。
しかし、みごとに思惑がハズレて、山の中を走る!

途中で、景色の良さそうなSAを見つけて休憩。
高台にあるから、海がよく見える☆

帰ってから気づいたが、ここがゆうひパーク浜田だった。
残念ながら、いちばん日差しが強い15時過ぎなので、日陰もない・・

両親と何度か美味しいウニ丼を食べに、わざわざ行っていた浜田だ!
たしか、四季亭という名前で、ウニがある時しか食べられないユニークな店だった。

帰宅して調べたら、もう閉店してしまったらしい。
美味しい店だったけど、後継ぎがいなかったんだろうなぁ。

萩で美味しい海鮮料理を食べる予定なのに、お腹が空いてガマンできない。
夕日パークで、モスバーガーを食べた。

何で、あの時、モスを選んだんだろう?
あまりの暑さで、頭をやられていたに違いない・・

今回の旅で発見したことがある!
大阪へ行く時、たまたまSAで買ったアルミ缶コーヒーを運転席の窓近くにあるポケットに入れていた。
すると、エアコンの風が吹き出すので、ずっと冷たいコーヒーを飲めるのだ☆

アルミ缶は、長距離運転する人のための工夫だったのだと知った!
ちょこちょこエンジンを止める車ではムリだけど、開発した人はエライ☆
暑い夏に、保冷剤やクーラーボックスを使わず、冷たい飲み物を飲めるのは、うれしい♪

帰宅するまで、何度か同じコーヒーをコンビニで買った。
日頃は飲まない缶コーヒーだけど、最近は味が良くなっている♪

ゆうひパーク浜田へのルート