Al Rayan カーディフ

2018年11月から、ウェールズの首都カーディフで半年間、語学留学。
クリスマスホリデー中、年末年始を西ウェールズで過ごすことにして、1週間レンタカーを借りた。

【関連記事】
留学中のドライブ♪ 7日間の西ウェールズ旅
初めての海外レンタカー

車の運転については、それほど心配していなかったが、駐車場の機械の扱い方が分からず不安!
語学学校の受付スタッフに訊いてみたけど、自分の仕事じゃないと思うから、親身になってくれない。
幸い、通りかかった日本人青年サトルに助けられた。

その縁で、3月始めに彼が帰国するまでの間、数回いっしょに食事をしながらカーディフの情報を教えてもらった。

2年間、カーディフで暮らしたサトルは、美味しい店をたくさん知っている☆
【関連記事】カーディフの美味しい中華料理

2回目の食事の日、偶然、学校でサトルと出会った。
「夕食に行ける?」と訊くと、「大丈夫ですよ」と言うので、18時頃、学校で会うことにする。

たまたま金曜日だったので、週末テストの後、近くの国立博物館を見学。
その後、担任のエイドリアンとクラスメイトのエリックと3人で学校の前にあるパブ・Pen&Wigでギネス片手におしゃべり♪
サトルに「学校の前のパブにいるから!」とLINEしておく。

18時過ぎに、サトルがやって来たので、エイドリアンとエリックにあいさつして別れる。
彼は歩くのが早いので、付いて行くのが大変!

かなりの距離を歩いて、レストランへ到着♪
歩きながら、いろいろな話をしてくれるから助かるけど♡

いちおうメニューに目を通すが、見慣れないものが多くて、よく分からない。
おススメの料理は売り切れと言われて、ちょっとガッカリしたけど、別の料理を選んだ♪

最初に運ばれたスープを一気飲みしたサトル!
ちょっと酸味のあるスープは、サービス品らしい。

やって来たのは、大皿いっぱいの野菜とラム肉。
次に、3切れの骨付き肉とご飯ののったもの。
そして、大きなナン!

半分ずつ食べようと言ったので、お皿をもらうまで手を付けようとしない。
「気にしないから、食べていいよ!」と勧める。

ガーリックヨーグルトとちょい辛スパイスをかけて、パクパク食べ始めた。
お皿を持ってきてもらって、ご飯を少しと肉を1つ分けてもらう。

ピリ辛と言うけど、ほとんど感じない・・
私が選んだ料理は、ほとんど和食といってもいいくらい食べやすい味!
アラビア料理が大好きになってしまった♡

大好きなラム肉を使っているから、余計に好きなんだろうと思う。
それにヘンな癖がないのもいい。

ナンは、お替りしたいくらい美味しかった☆
おかずが多すぎるくらいだから、お替りはしないけど・・

この記事を書くために調べたら、閉店していた。
コロナのせいだろう・・残念!

店舗情報
名前 Al Rayan (閉店)
住所 42 City Rd, Cardiff CF24 3DL

Al Rayanへのルート