鉢孟供養(パルコンヤン)☆禅料理

旅の4日目は、ソウルでいちばん好きな仁寺洞通りをブラブラして鉢孟供養へ向かった。
店は、曹渓寺(チョゲサ)の真ん前にある大きなビルの5Fだと分かったので、久しぶりに寺へ行ってみることにする。

韓国仏教の最大宗派である大韓仏教・曹渓宗の総本山が曹渓寺!
すぐ傍にあるサマセットハウスに泊まっている時、母といっしょに来たところだ。

韓国のあちこちに母との思い出がちりばめられている☆

予約した10分前にビルに入ったが、エレベーターがどこにあるのか分からない。

インフォメーションの女の子に訊いたら、「5Fです!」と言う。
「5Fなのは分かっているけど、エレベーターの位置が分からないのっ!」と心の中で毒づきながら探す。

予約していることを伝えると、若い男の子が日本語で「せなちゃん」と呼びかけたので、思わず固まった!
「せなさん」と呼びかけるつもりで、間違ったんだろう・・(笑)

個室という話だったが、さすがに1人じゃもったいないと思ったのか、テーブルが2つある。
少し後で、日本人女性が2人でやって来た。

最初に、お茶とメニューが来る。

いちばん安い『願食(ウォンシッ)』の内容

値段より量で決めた。
これ以上、多いと絶対に食べられない・・

スタッフの男の子は、おもてなしの気持ちを持って一生懸命接してくれる。
料理を運ぶ度に内容を細かく説明するが、時々私は、彼の日本語を訂正♪

けっして、意地悪をしているワケじゃないよ(笑)
いくら日本語を勉強しても、材料名などは、やはりむずかしいようだ。

精進料理なので当然、動物性の食材は使用していない。
食物アレルギーがある私には、ありがたい料理だ♡

最初の料理
左から粟粥、大根の水キムチ、白きくらげの柚子和え。

粟を初めて食べたが、水分を吸うとどんどん膨れそうな感じがする。
美味しいワケじゃないし、無理に食べない方がいいと思って残す・・

左:ほうれん草とレンコンの海苔ごま和え
上:パクチーと白菜の酢醤油和え
右:キノコと野菜の味噌炒め

パクチーは大嫌いなので、ソッと集めて残しておいた。

上の皿、左から通度寺豆腐、緑豆ジョン(チヂミ)、野菜ジョン、野菜マンドゥ(韓国風餃子)、タレ。
中の列、左から大根のクチナシ漬け、キャベツの黒ゴマ和え、根菜の煮物。
下の列、左は揚げシイタケのコチュジャン炒め、右はシイタケ冷麺。

いちばん美味しかったのは、揚げシイタケのコチュジャン炒め!
プリップリのシイタケは弾力があり、揚げてあるので香りが良い。

食事(シクサ)
上の小皿2つとやや大きめの皿はナムル3種類、下の小皿2つはキムチ。
蓮の葉包みの炊き込みご飯と乾燥大根葉の味噌汁。

蓮の葉包みの炊き込みご飯は、韓国で食べるとたいてい美味しく感じる♡
日本のおこわは、キライなのに不思議だ・・

クコの実&生姜のお茶とデザートのクルミ正菓(ジョンガ)

お茶は、あまり美味しいものとは思えない。
はちみつで固めたクルミは、とても美味しかった☆

45,000ウォンという値段は決して安くない。
しかし、材料にこだわって作れば仕方がないし、ほとんどの料理は美味しいので満足♡

レストランがある大きな建物の1Fは、土産物コーナーになっている。
お寺にも飾ってある蓮の花のディスプレイがほしい!

店舗情報
名前 발우공양(鉢孟供養)
住所 서울특별시 종로구 견지동 우정국로56

발우공양へのルート