バース街歩き

バース滞在3日目。
小雨が降り出したけど、傘を差すのが面倒だから、フードを被って歩く。

広場で、多くの人が何かゲームをして遊んでいた。
銀色の小さなボールを投げている。

年長者が多そうなチームを選んで見ていると、目が会ったおじさんが笑ってくれた.

「すみません、これは何というゲームですか?」と訊くと「ペタンクだよ!たぶん、フランス語だと思う。すごく簡単なゲームで、あの赤い印にいちばん近づいた人が勝ちなんだ!」と教えてくれた。

「どこから来たの?観光?」と質問されたので、日本から来たと言うと「日本のどこ?」とまた訊かれた。
「南の方・・」と答えると「九州?」と言うから「知っているの?」と訊き返した。

「日本には、2回行っているよ!息子が長野の松本に2年間いたんだ。英語の先生をしていたんだよ」と言う。
世の中狭い・・「松本は、いいところですね!私は行ったことがないけど、松本城はすばらしいと思います」と話す。

「そうだね!特別な城だと思うよ。おっと、私の番が来た・・」と言いながら、場所を移動したので「ありがとう!」とお礼を言って離れた。

コレは話を合わせたワケじゃなく、日本で今いちばん行ってみたいのが松本だ!
松本城と鈴木鎮一に興味がある♡

韓国製のナイロンバッグが壊れたので、絶対に新しいものを買う必要があるので、店を探して中心街へ向かう。

記事の中で何度か『韓国製のナイロンバッグが壊れた』と書いているけど、これは韓国製品を責めているワケじゃない。
それどころか、わずか400円くらいで買ったショッピングバッグは、これまで日本と韓国を何度往復したか分からない☆
最後に、英国でファスナーが壊れてしまっただけだ。
機内持ち込み用バッグより大容量で、軽くて折りたためるので、とても便利だった♡

昔歩いたアンティーク街を通ったけど、全く面影がない・・
あるのは、たくさんのカフェだ。

パルトニー橋を通り過ぎてパレードガーデンズまで行ってみたけど、それらしい店がないので戻る。

以前来た時も、パレードガーデンズはキレイだったが、有料なので入っていない。
今回も上から写しただけ・・

バースアビーとローマン・バスの周辺なら観光客相手の土産物屋があるだろう!と思って行くと、バースアビーは大工事中!
その横にあった立派な建物はギルドホールだ。

反対側にはバースマーケットと書いてあったので通ってみたら、カーディフマーケットと同じような古めかしい店が並んでいた。
でも、ナイロンバッグは売っていない。

ローマン・バスとは?
とても保存状態の良い古代ローマ時代の公衆浴場跡で、年間100万人以上の観光客が訪れる。
街の名前も、風呂を意味する『バス』から来ている。
ローマン・バスは聖泉、古代ローマ神殿、浴場、そして出土品を展示した博物館がある。

私は、すでに2回見学しているので行かない。

ローマン・バスの前は多くの観光客でにぎわっている!
3軒の土産物屋があったが、1軒にナイロンバッグがあった。

しかもバイブリーで売っていた花柄シリーズと同じ形のロンドンバージョンだ。
あの時に買っておけばよかった、と思った!
ロンドンと書いたバッグなんか、はずかしい・・

その後、街を歩き回ってM&Sにも行ったけど、ピクニック用みたいな幅の広いクーラーバッグしかない。
値段は同じだけど、折り畳みできた方が便利なので、夕食用のサンドイッチとフルーツを買って、ローマン・バスの前にある土産物屋に戻った。

店の店員は私を覚えていたのか、バッグを見ていたら「それは最後の1点です」と言う。
まだ悩んでいると「こっちは、どうですか?」と別のバッグを勧めるので、ファスナーがないと困る!と言って却下。

「展示品だから、少しくらいマケてくれない?」と言ってみたが、ダメだと言う。
絶対に必要だから、仕方なく買うことにした。

百戦錬磨の観光地の売り子には、かなわない・・
マケてくれなかったけど、レジの行列に並んでいる間に中のクッションを出してキレイに畳んでくれていた。

紙袋に入れたので、手提げバッグがほしいと言うと「35ペンスです」と言う。
50ペンスを出して、買う。

店を出て、ふと自分の手元を見たら、私は椿柄のショッピングバッグを持っていた!
だから、店員は紙袋に入れたんだ・・

ヤレヤレ!
頭がボケている。

バースへのルート