朝食は、カルビタン

朝、部屋のカーテンを開けてビックリ!
外は灰色。
昨日見えたはずの山が、全く見えない。

なんと、雨が降っている!
天気予報は向こう5日間、雨マークゼロだったのに・・
ここまで、完全に予報がはずれると、開いた口がふさがらない。

今回のソウル旅は、今日1日しか観光できない。
すっかり戦意喪失して、ノロノロ準備をする・・

スマホできよさんからの連絡をチェックしてみたが、何も来ていない。
晴れたら城壁歩きをすると言っていたけど、まさか雨の中を歩いてはいないだろう・・と思っていたら、ノックが聞こえた。
両手にコーヒーを持って、入って来る。

どうやら、早起きして東大門街歩きをして来たようだ。
コーヒーショップで買って来たというコーヒーは、とても美味しかった♪

ホテルの部屋に備えてあるティーバッグのコーヒーは恐ろしく不味いので、ホントにありがたい☆

こんな不味いコーヒーバッグを置くくらいなら、昔ながらの韓国スティックコーヒーを置いてくれた方がずっといいのに!

朝食は、汁ものがいいと言うので、近くのソルロンタン店を調べる。
東大門デザインプラザの向こう側にある店がいちばん近いので、そこへ行くことにした。

こっちが近い、というので裏側から出て歩くが、東大門市場に沿った道路は水たまりだらけで布製の靴はビショビショ!

横断歩道を渡り、右回りよりわずかに左回りの方が近そうなので、デザインプラザの左側へ回る。

露店が並ぶ狭い道で、歩きにくい・・
スマホで地図を見ながら、何とか間違うことなく店へ到着!

最初にソウルへ来た時は설렁탕という言葉を読めなくて、店を探すのに苦労したが、今回はすぐに分かった♪

それにしても、店構えに見覚えがあるのは何故だろう?
これまで東大門エリアには、ほとんど来ていないのに・・

階段を上がっていくと、入口に大きな肉がぶら下がっていた!
9時過ぎているので、客は日本人女性2人だけ・・

メニューは日本語もあり、見やすい。
カルビタンにする!と言うので、同じものにする。

きよさんは朝から焼酎付き♪
私もグラスで1杯だけ付き合う。

テーブルの上に瓶に入った白菜キムチ、カクトゥギ、ネギが置いてある。
伝統的なソルロンタン店のやり方だ☆

若い男性スタッフが、せっせと店内の片付けをしている。
テレビでは、店のCMがエンドレスで流れていた。

ソルロンタンとカルビタン
ソルロンタンは牛骨スープのこと。
ほとんどの店は白濁しているが、透明に近いスープの店もある。
カルビタンは、骨付きカルビ入りのスープのこと。
この店は、ソルロンタンに骨付きカルビが入っていた。
タンは漢字で『湯』と書くように、スープの意味。

カルビタンは、スープとご飯が別だった。
他の客を見ていると、ソルロンタンもご飯が別だ!
私はスープにご飯が入ったものは、好きじゃない・・

この店も、良いコメを使っている。
昨夜のアグランコッケランもご飯が美味しかった☆

韓国のコメもかなり美味しくなってきた。
美味しいけど、スープと骨付き牛肉でお腹がいっぱいになるので、半分くらい残す・・

以前、よく通った老舗ソルロンタンより、ここの方が美味しいかもしれない♡
あそこは引っ越しして、味が落ちてしまった・・

後からやって来た韓国人男性2人は、ソルロンタンを注文して、ご飯を突っ込んで食べている。
私たちより早く食べ終わって、出て行った!
さすが、韓国の若い男性は軍隊で鍛えられているだけある☆

食べる以外に特にやることがない私たちは、マイペース♪
ゆっくり食べて店を出る時、きよさんが「前、ここに来た・・」とボソッとつぶやく。

そうか!
以前、写真を見ていたんだ。

だから外観を見た時、不思議な気持ちになったんだ♡
それにしても、きよさんは何で分からなかったのかなぁ?