花より団子♪

私は、食い意地が張っている。
人は、生きるために食べなければいけない。

しかし私は、食べるために生きている♡
好きなものを食べられなくなったら、生きていても仕方がないと思う!
大食漢じゃないが、美味しいものを食べたいと思う気持ちが人より強い。

私は旅好きな両親のもとで育った。
世の中は高度成長期で、働けば働くほど良い!と言われた頃だ。

父は消防士だったので、一般のサラリーマンが休む時は休めない。
我が家には、盆も正月もなかった。

そのかわりに、気が向くと突然「よし、出かけよう!」と言って、ドライブに連れて行ってくれた。
高校生になる頃には、九州・山口は、ほとんど見て回った。

旅の思い出は、すべて食べ物とつながっている!
どこで何を食べたのかを思い出すと、旅の記憶がよみがえる☆

コレは私だけなんだろうか?
それとも、食べ物への執着ゆえの習性なのか?

そんな私だから、旅をする時、まず食べたいものをリストアップする!
行ってみたい場所と照らし合わせながら店を見つけるのだ。
時には観光なしで食べることだけに専念することもある♪

どうやって店を探すか?
昔は、テレビや雑誌から情報を得ていた。

今は、ネットの情報をできるだけたくさんチェックする。
旅行ブログも、もちろんチェックするが、膨大な情報から自分がほしいものを選ぶためにはフィルタが必要になる。

オリジナリティのない旅をする人のブログは、参考にしない。
そんな人は、ガイドブックや露出度の高い有名店で食べたという満足感しか書いていないからだ。

一方、ひとり旅の場合、年齢にかかわらず食費を極端に削ることが多く、あまり参考にならない。

『グルメ』というジャンルで検索しても、ファストフードやチェーン店での食事がたくさん含まれているので、あまり役に立たない。

検索も一期一会なのだ!

たまたま、何かを探していて、おもしろそうなブログを見つけた時は、ブックマークしておく。
後で、ゆっくり見ると有益な情報が満載!ということは、よくある。

具体的に、どんな人の情報が役立つかと言うと、同じ場所に何度も行く人と、地元のことを書いている人だ!

同じ場所に何度も行く人は、その土地が好きだからだ。
旅をするうちに現地にも知り合いができ、より良い情報を手に入れられるようになる。
だから、多くの旅人が知らない店を知っている!

そして、地元の店を紹介している記事は、とても有益だ。
ごちそうばかりではなく、日常の料理を知ることができる☆

釜山に住む日本人が書いたブログを見て、いくつか訪れたことがある。
どんな人が書いているのか、これまで考えたこともなかった。
私は好きになると、性別や年齢など気にしないからだ♪

私も誰かの役に立つ記事を書けるようになりたい♡