朝食は、済州島の五日市で♪

五日市は、日本各地にもある地名だ。
5が付く日に市が立ったから、五日市と呼ばれる。

韓国でも、同じように五日市を開催する。
大きなテント張りの施設で、いろいろな商品を売っている。
今みたいにあちこちに大型スーパーができると、こういう市場はなくなってしまうだろう・・

済州島でいつも泊まっていたラマダプラザチェジュホテルでは、朝食付きプランを選んだことがない。
1食でも多く美味しい韓国ご飯を食べたいからだ!

初めて訪問した時は、広い島をできるだけ見るために、早くホテルを出発。
済州島は、意外と大きい!

1日に移動できるのは、島の半分だ。
五日市を見学したいとリクエストし、そこで何か軽く食事をするつもりだった。

場所は、よく覚えていないがテントを張った会場は、ちゃんと駐車スペースもある大きな施設だった。
ところが、週末なのに時間が早すぎて、まだ用意できていない店が多い!
韓国人は、夜遅くまで元気に活動するが、朝も遅い。

新鮮な野菜はもちろん農産物、海産物、日用品、DIY用品、衣料品など生活に必要なものは、何でもそろう☆
そして、買い物客と各地から集まった商売人のための飲食ブースがある。

私は、食事に関してこだわりがある。
外国料理は、できるだけその国でその国の人が作った本物を食べたい!
だから、韓国料理もほとんど日本で食べたことがない。
唯一、行くのはミンジョンの店・味術(ミスル)だけ♪

グルっと一周して選んだのは、初めて食べるキムパッ(韓国風海苔巻き)とトッポッキ(餅の甘辛煮)♪
言葉ができなくても、日本語タクシーをチャーターしているから大丈夫!
チョさんが、店のおばさんに注文してくれる。

トッポッキの入った浅いステンレスの容器をお玉でかき混ぜた