Plas tan-Yr-Allt の朝食

Plas tan-Yr-Allt の朝食は、すばらしい!
これまでに食べた英国での朝食で、最高レベルだ。

朝食ルームには大きな窓があり、3つのテーブルがゆったりとした間隔で配置してある。

私の英国七不思議の1つ・・何故か、食堂が寒い
レジデント(寮)のキッチンも暖房がなくて寒かったが、これが伝統みたいだ。
冬の旅行は、暖かい羽織りものやショールを持って、朝食へ行った方がいい

テーブルマットの代わりに、ウェールズ特産のスレート板を置いてある。

黒いスレート板と真っ白な食器が大人っぽい。
カトラリーは、ずっしりした高級品☆
ただのステンレス製じゃないと思う。

部屋の隅に置いてあるテーブルもアンティークだろう♪
ジュースやヨーグルトを選んで待っていたら、マークが飲み物を訊きに来てくれるので、紅茶かコーヒーなど好きなものを頼もう!
朝食メニューは、豊富だ。

フルウェルッシュブレックファストはもちろん、聞いたことがない卵料理もメニューにある。

英国で唯一美味しい料理は、朝食!と言われるくらい有名だ。
イングランドでは、フルイングリッシュブレックファストと呼ばれる。

ウェールズでは、フルウェルッシュブレックファストと書いてあることも多い。
豊富なメニューから好きなものを選んで食べられる豪華な朝食だが、注文にはちょっとしたコツがいる。
詳しく知りたい人は、こっちを見てね♪

私にとって残念だったのは、生のフルーツがベリー系ばかりだったこと・・
仕方なくバナナを選んでいたが、とても立派で大きな房。

1本丸ごと食べると、お腹いっぱいになってしまう!
そこで、「半分にカットしてもらえる?」と頼んだ。

初日は、カットした半分をテーブルに残したら、翌日から半分だけをカットして持って来てくれるようになった。
残った半分は、誰かのおやつになったのか?

さて、フルウェルッシュブレックファストは、ソーセージとハムがとても美味しかった!
ソーセージは、英国風ぐんにゃりソーセージではない。

プリプリした歯ごたえで、大きさも日本のソーセージに近い。
ハムは塩辛いので1枚にしてもらうか、パスしようと思う・・

ある日、エッグベネディクトを注文する女性客がいた。
名前は知っていても、食べたことがないので興味津々で見ていたら、とても美味しそう☆

初めて食べたのは、半分に切ったマフィンの上にハムとポーチドエッグそしてマヨネーズ風のソースがかかったボリューム満点のものが、2つ!

こってりしたソースだけど、酸味があるので食べやすい♪
ポーチドエッグにナイフを当てると、中からトロリと美しい黄身が流れ出る☆
翌日からは、1つに減らしてもらい、最終日まで毎日食べた。

朝食ルームで別のゲストに会うと、ほとんどの人はちゃんとあいさつしてくれる。
中高年のゲストは、特に礼儀正しい☆

ある日たまたま、同じ時間に降りた時、どこに座ろうかとお互いに相手を見ていたので、私が窓側の席を譲った。

そのようすを見ていたマークが「せなは、いつも遅いから窓側の席は取れないんですよ!」と笑う。

カップルの女性が「あら、じゃあ明日の朝は、あなたがここに座ってね♪」と言いながら、窓側の席へ座った。

英国人にとっては、窓から見える景色も味のうちなんだろう!
ほぼ、100%カップルで宿泊するので、みんな風景を見ながら楽しそうに食事している。
一週間の間に一度だけ、女性客がひとりで1泊したのを見たけど、残りは全員カップルだった。

朝食時間は、情報収集のチャンスだ♪
ほかの宿泊客が質問していることも、さりげなく聞いておくと役に立つ。

私は英語があまりできないことを伝えていたので、近隣の観光地をファイルにして準備してくれていた。
真っ赤でステキなファイルだ☆
滞在中は、このファイルを車に積んでウロウロした♪

観光施設のパンフレットには割引券が付いているものもあり、お得な料金で見学できる☆
予約が必要な場合は、お願いすればやってくれる。

私はスノードン登山鉄道に乗るのが目的のひとつだったが、ちょうどイースターホリデーと重なってしまい、予約が取れないことが分かった!
すでにチケットは売り切れていて、頂上まで行けないそうだ。

途中までなら行けるらしいが、それじゃ意味がないので、登山鉄道はあきらめた!
前日までに予約をしなければいけないのに、天候がコロコロ変わるのでタイミングを逃したこともある。

旅では、計画通りにいかないことが多い。
どこで折り合いをつけるかがむずかしい・・

以前は、絶対に行きたい!見たい!という欲求が強かった。
しかし最近は、別のプランでもいいか♪と思うことが増えた。

ウェールズに関しては、日本で得られる情報が少なく、それが最高の内容とは限らない。
現地で得た情報の方が良い場合が多いので、臨機応変にプランを変更するのも大切だと思う!

Plas Tan Yr Allt Historic Country Houseへのルート