豊前国分寺 三重塔

聖武天皇が仏教で国を治めようと741年(天平13年)、日本各国に建立を命じた寺院が国分寺!
みやこ町の豊前国分寺跡に三重塔がある、というのは以前から知っていた。

みやこ町は、大分へ行く途中にあるので、これまでに何度も通過している。
しかし、いつでも行ける!と思って、行ったことがなかった。

コロナで海外へ行けなくなり、ストレスMAX!
中津へ行く用事ができたので、予定より早めに出発して、寄ってみることにした♪

T字路にあるスーパーから出てきた高齢者3人が、堂々と横断歩道を渡っている。
歩行者用信号は、赤!

「困ったじいちゃん、ばあちゃんだ・・」と思うけど、横断歩道で歩行者をはねたら、こっちが悪者。

渡り終わるまで、ジッと待つ。
駐車場へ向かっていたから、たぶん車を運転するんだろうなぁ・・

少し走ると、左前方に三重塔が見えた♪
ところが近づくと、道路は車1台がやっと通れるくらいの幅になる!

曲がり角には、標識があるだろうと思って走ると、再び道が広くなったところで、門へ向かう小道を発見。

芝生を敷いた駐車場に、数台の車が停まっている。
門に『高野山真言宗』と書いてあるので、ビックリ!

8月に引き続き、高野山だ。
空海に呼ばれてる?!

どこからか、人の声が聞こえる・・
門を入ると、左右に白とピンクの芙蓉?が咲いていて、キレイ☆

敷地内のあちこちに写生している人がいた!
声の主は、絵画指導者のようだ。

門からまっすぐ奥へ進むと、お寺があるようだ。
この寺が管理しているんだろうか?

良い場所は、どこも絵を描く人が座っている。
けっこう写真を撮りにくい!

右手に銅像があったけど、見ていない。
たぶん、弘法大師だろう・・

私は、宗教に関心がない。
あくまでも建築物や芸術品として見たいだけだ。
左手の塔へ向かう♪

木々の間から見える三重塔は、美しい☆
これからの紅葉シーズンは、もっといいだろう♪

小さな石橋を渡って右手へ回ると、奥の方は広い空間がある。
大きな礎石がポツン、ポツンとあるので、ここが国分寺跡なんだろう!

10月なのに晴れて日差しが強いので、遠くまで歩くのは止めた。
もっと涼しくなったら、また来よう♪

色鮮やかな三重塔は、明治29年に建てられたというから、そんなに古いものじゃない。
もっと古い塔だと思っていたので、ちょっとガッカリ・・
傍で見るより、少し離れたところから見るくらいがいいと思う。

すぐ近くに、資料館もある。
来訪者名簿の記入がめんどうだから、引き返した。

コロナで海外へ行けないのがツラいけど、身近なところにも良い場所があると改めて感じた♡

観光情報
名前 豊前国分寺 三重塔
住所 福岡県京都郡みやこ町国分280

豊前国分寺 三重塔へのルート