影島のカフェ

9時から英語のレッスンを受けた後、10時からと11時からの授業をする詞子のクラスに参加して、生徒と日本語で会話をした。
行き当たりばったりの会話なので当然、生徒が知らない単語を私が使ってしまう。

そんな時は、すばやく詞子がパソコンで言葉の意味を説明する!
言葉の説明から、さらに会話が広がることもあり、50分の授業はあっという間に終わってしまう☆

11時50分に午前中のクラスが終わったので、影島大橋たもとの停留所からバスに乗った。

交通カードについて
釜山では地下鉄やバスで移動をするなら交通カードを利用するのが便利!
現金を用意しなくて済むし、料金も安くなる。
主な地下鉄駅にはカードを販売する機械があるので、チャージして使おう♪

これから行くのは、9時からの英語のレッスンで知り合ったジョンファが始めたカフェだ。
彼女は、レッスン後すぐに店へ向かった。

半年前に和田さんと一緒に来たヒンヨウルマウルを通ったので「ここから帰りのバスに乗ったよね?」と話すと、「よく覚えているね~!」と詞子が驚く。

しっかりものの詞子だけど、方向音痴は筋金入り!
そんなギャップが彼女の魅力でもある☆

バスはどんどん坂道を上って行く。
だんだん周りの景色が見えなくなった・・
どうやら霧が出ているようだ。

降りるバス停を知らないらしいけど、何とか中学校というバス停があるくらいだから大学前なら当然、大学名が付いていると思う。
『次は、高神大学』というアナウンスがあったので、降りる♪

詞子は大学の前だから商店街があると思っていたらしいけど、食堂らしいのは2軒しかない。
トッポッキなどの軽食料理店かスパゲティ&カレーの店。

私はトッポッキは苦手なのでスパゲティの方を選ぶ。
中には大学生がたくさんいた!

肉丼というメニューがあるので、2人とも同じものにした。
肉が何なのかは、出てくるまで分からなかったが、豚肉でかなり辛かった!

バンチャン4種。
左から、白菜、ニンジン、キュウリのピリ辛和え(キムチではなく、サッパリした味付け)、オデンの煮物、カクトゥギ、モヤシのナムル。

学生向け食堂だと侮っていたが、おかずはどれも美味しい☆
私はオデンの煮物が気に入ってお替わりを取りに行ったけど、ほとんど残っていなかった。

窓に向かったカウンター席に座っていたが、霧で何も見えない・・
詞子によると、晴れていたら絶景が見えるそうだ!

コーヒーはジョンファのショップで飲むつもりなので、同じ建物の2Fへ移動。

広い店内にはコンクリートで作った台に薄いクッションを置いただけの席がたくさんある。
背もたれがないので長居するのはむずかしいだろう・・

ジョンファがいない・・と思ったら、ケースの陰にいた。
他のコーヒーは4,000ウォン以上するけど、『本日のコーヒー』だけが、1,000ウォンで飲める☆

コーヒーが定食と同じくらい高い韓国では、お得♪

ジョンファは、バターワッフルを1袋ずつくれた。
コーヒーとバターワッフルは、とても合うので大好き♪

私はゆっくりした気分だったけど、詞子もジョンファも「ここから南浦洞まで30分かかるから、14時には出た方がいい」と言う。
コーヒーを最後まで飲めないまま、帰ることになった。

ジョンファはレジから両手を大きく振ってバイバイしてくれる♪
本当に素直で可愛い子だ。

大学の門の少し下にあるバス停へ行って、いくつかある番号のルートを調べると、どの番号のバスでも影島大橋を通るので、どれでもOK!だと分かった。

私と詞子がルートを見ながら日本語で話しているので、大学生らしい男の子が興味を持って見ていた。
たしかに、おばちゃん2人がこんなところに何をしに来たんだろう?と思うだろう。

バスが遠回りしているようだと詞子が言うから不安になったけど、途中で以前通った道に出たので、自分たちがどこにいるのか分かった!

ロッテマートの横でバスを降りて、詞子と一緒にホテルまで戻る。
最終日ギリギリまで、詞子のおかげで釜山の街と食事を楽しめた☆