食堂あおり 絶品!アオリイカ

四国ドライブ旅2日目。
今日も天気に恵まれ、美しい青空を眺めながら生口島へ向かう♪
【関連記事】
生口島へのドライブ

美術館へ先に行くと、食堂の閉店時間を気にして、途中で見残しが出る可能性がある。
予定を変更して、先に食事をすることにした。
美術館へ少し戻ることになるけど、思ったより近い距離なので、構わない♪

商店街の駐車場は、すぐ分かった。
ただ、道路から少し高くなっているので、出入りには注意が必要だ。

車を降りた直後、BMWが横に停めようとしていたので、ちょっと見ていた。

うっかりすると、見逃しそうな渋い佇まい☆
店へ入ると、中年のカップルと店主が、和やかにしゃべっていた。

予約していたことを伝えると、「昨日でしたよね?」とサラッと言われた。
ええ~っ、予約日を間違っていた?

「ごめんなさい・・」と謝ると、「いいですよ」と、笑う。
こういうことをやらかすから、自分を信用できない!
何度も謝りながら、カウンターのいちばん奥に座る・・

駐車場で横に停めたBMWカップルも、やって来た。
彼らも、予約していないようだ。

その後、男性2人が入ってきたが、店主が「刺身は、もうできない」とキッパリ言う。
「天丼なら、できるよ!」とニヤリ笑った。

予約日を間違うおばさんと予約なしカップルのせいで、刺身を食べられなくなった可哀想な人たち・・

男性たちは、4席のカウンターの席を1つ空けて、横に座った。
店主と知り合いみたいで、会話がおもしろい♪

1人は何度か来ているけど、一度も刺身を食べていないようだ。
「忙しい時に来るな」と言われて、「ここが、いつヒマか分かるワケないわ・・」と答えている。

クスクス笑う私にも、しゃべりかけてきた。
2人とも尾道から来たらしい。

わざわざ橋代を払って来たのに、不本意なメニューを食べるしかない。
旅行者だというと、ちょっと警戒していたが、店を出る時は、「よい旅を!」と言ってくれた。

店主は、1人で刺身を作り、ゲソの天ぷらを揚げるので大変!
さらに、予約していた3人のおじさんたちもやって来たので、ほぼ満席。

お茶のサービスもできないので、「セルフでお願いします!」と伝える。
おじさんトリオは、ビールを先にもらっていた。

準備にてんてこまいの店主を見て、「急がないから、大丈夫だよ!」と声を掛ける優しいおじさんたち♡

店は、質屋を改装したそうだ。
奥には中庭もあり、家屋はコの字型になっている。
昔の金をかけた家なので、建具の細工もすばらしい☆

店名にもなっているアオリイカは、店主が自ら釣り上げる。
だから、予約していないと、刺身がないこともある!

しまなみ海道は、サイクリングが盛ん!
海外からの客も多いせいか、英語での食べ方も書いてある。
写真じゃなくて、イラストなのがユニーク♪

アオリイカの刺身は、身とエンペラを分けてあり、食感の違いを楽しめる♪
ぷっくりした生卵と赤味噌の豆腐汁付き。
イカの下に敷いてある大根の千切りも美味しかった!

汁が薄味なのもいい。
ご飯も美味しいけど、量が多くて食べきれなかった・・
最初に、少なめで!と言えば良かった。

店主の人柄がいいし、美味しいイカを食べられるから、きっと人気が出るだろう♪
また、食べに行きたい生口島の食堂だ!

刺身を食べられなかった可哀想な男性たちのゲソ天丼。
お願いして、写真を撮らせてもらった♪
コレも美味しそう♡

店舗情報
名前 食堂あおり
住所 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田本町450-2

食堂あおりへのルート