七星市場 炭火焼き豚肉

七星市場(チルソンシジャン)という在来市場にとても美味しいテジプルコギ(炭火焼き豚肉)がある。
B級グルメファンとしては、ぜひ食べてみなくては♪

最寄りの地下鉄駅の名前は『七星市場』!
でも目指す店への出口がどこなのかサッパリ分からないので、適当に選ぶ。
出たら、西面市場みたいにどこまでも広がっている市場だった。

小さな市場を想像したのが間違い・・
目当ての店がどこなのか?
見える限りの情報で判断する。

コムタンと書いた店がある方向へ歩く。
コムタンは牛スープの店。

食べ物屋がある方向へ行けば、テジプルコギの店もあるはず!
地下鉄の駅も生臭いにおいがしていたが、食べ物の匂いをしっかりかぎ分けたようだ☆

みごとに迷わずチョッパル通りへ到着!
この通りの奥に、めあてのハンナム食堂がある。

ところが、店へ入ると満席。
采配しているらしいアジュンマ(おばさん)に「1人だけど・・」と言うと、ダメだと言う。(そう思っただけで、実は席がないと言っただけだった)

隣にも同じような店があるが満席の上、大行列ができている!
ずっと先まで歩いてみた。

たぶん隣が有名なタンゴル食堂だったんだろう。
写真に名前が写っている!

テジプルコギの店はなかったので、また戻った。
しかし、わざわざ来たのに食べられないのは我慢できないので、怖そうなアジュンマに再交渉。

やり取りの結果、「席がないんだよ!」という意味が分かったので、「待つ!」と言って立っていたら、親子3人のお父さんが、「ここに座ったら?」と席を勧めてくれた。

娘さんは、すぐに私の箸とスプーンを準備し始めた。
お母さんも話しかけてくれるが、3人がバラバラに話しかけるので、サッパリ分からない!
でも、すごく優しい家族だった♡

どうやら店の常連さんみたいで、怖そうなアジュンマを社長さんと呼んで、「ここに注文品を運んであげて」と言ってくれる。
しかし、空いたテーブルを準備してくれたので、親切な家族にお礼を言って移動した。

1人で4人掛けのテーブルを使うのは気が引ける・・
後からやって来た2人連れのアジュンマたちが、「満席!」と言われた時に、私と目が合ったので、「どうぞ!」と勧めたら、うれしそうに座った。

口々に韓国語でお礼を言うが、会話ができないので、ニコニコ笑って食べるだけ。
社長が把握していないと注文が入らないシステムのなのか、どこかへ行ってしまった。(と思ったが、私が席を立ったら、再びやって来たので、立って待っていたのかもしれない)

まあ、あの店のシステムなんだろうけど、狭い店で立ったまま待つのは辛いと思う。
代金を払って、テーブルの横を通る時に「맛있게 드세요!(美味しく召し上がれ)」と言うと、「あら、ありがとう!」と挨拶を返してくれた。
こんなちょっとしたできごとがすごくうれしい♪

念願だったテジプルコギは、テジクッパッと同じようなソース、生にんにく、あみ、味噌、葉っぱキムチ、白菜キムチが付く。
ご飯を注文すると、テンジャンチゲも来る。

テンジャンチゲは、マクテギマクチャンより辛みが少なく、味は少し濃かった。
だが自家製味噌だと思う。

ご飯は5分の1くらいしか食べられなかった。
金属製の平らな皿に盛られたプルコギは食べ始めは少ないと思ったが、食べごたえがあった!

味はともかく、あの強面社長が好きになれない・・
次は、隣のタンゴル食堂へ行ってみようかな?

店舗情報
名前 함남식당
住所  대구광역시 북구 칠성동1가 92-1

함남식당