クラウディオのお別れ会 パブへGO!GO!

2018年11月、語学学校に入学した時から、仲良くしていたイタリア人のクラウディオが学校を去る。

自分自身も、残り2週間あまりとなった3月の終わり頃だ。
大好きなクラウディオにお別れを言いたいので、食事会に参加。

【関連記事】
クラウディオのお別れ会

カーディフ中心にあるアーケード街を出たら、もうすぐ4月だというのに、震えあがるほど寒かった!
トイレへ行ったメンバー全員が戻るのを待つ間に凍りそう・・

寮へ戻ると思っていたら、これからまた飲みに行くという。
学期試験も終わったし、まあいいか♪と思って、付き合うことにする♪

シトロンホテル横のPorter’s(ポーターズ)という半地下のパブへ行くと、生演奏をしていた。
日頃は、ブラスバンドを聴かないけど、なかなか上手なグループだ☆

ちょうどテーブルが1つだけ空いていた。
周りのテーブルから、使っていないイスをかき集めて、7人で座る。

最初は、「ちょっと場違いか?」と思ったけど、ウェールズ人は、すんなり受け入れてくれる優しい人が多い♡

Guinnessのアイリッシュハープを見ると、うれしくなる♪
アラ還になるまで、『飲めない女』を通していたのに、すっかりGuinness党・・

 

パブは、レシートをくれないから、いくらなのか知らない・・
いつも、カードでピッ!と決済して、終わりだから。
たぶん£5だろう。

左がソンジュン、右がクラウディオ。
カメラを向けると、ニッコリ笑ってくれる優しいソンジュン♡

いつもいっしょにGuinnessを飲むサブリナが、ふつうのビールを飲んでいた。
「なんで、今日は飲まないの?」と訊いたら、「学生割引で、ふつうのビールが半額だから!」と答える。

なるほど・・
英語が得意だと、得するんだ!

ウェールズでは学生証を持っていると、入場料やショッピングで優遇してもらえる☆
ウェールズ城の入場料を学割で払ったことがあるけど、飲食店で使ったことがない。

私は、テーブルの上のメニューにあるNIBBLES(おつまみ)の『WASABI PEAS』というのが気になってしょうがない!

ブラスバンドは音が大きくて、会話ができないくらいだけど、疲れているからちょうどいい☆
友だちといると楽しいけど、ずっと英語で話すと疲れる・・
気持ちは若くても、しょせんアラ還。

美味しいGuinnessを飲みながら、生演奏を聴けて楽しい時間を過ごせた♪
演奏者たちが、演奏中もビールを飲んでいるのが、おもしろい!
23時頃、寮に戻って、クラウディオとハグして、お別れ・・

フランス人ウイリアムは、「これから、まだゲームをしよう!」と言っていた。
クラウディオは寮を出て、ここからさらに15分かかる場所に住んでいるから、やめたようだ。

みんなでゾロゾロ階段を上がり、部屋の前で大きな声を出さないように「おやすみ!」と別れた。
別れはツライけど、好きな人たちと楽しい時間を過ごせて幸せ♡

店舗情報
名前 Porter’s Cardiff
住所 Porter’s Bar, Cardiff CF10 2FE

Porter’s Cardiffへのルート