コッキントン村

トーキー滞在4日目♪
今日は晴れの予報だったのに朝食後、雨が降っていた・・

コッキントン村は、アガサ・クリスティの世界が残っているところだ♡
トーキーの宿からわずか1kmほどの距離だが、その後の予定を考えて車で行った。

村の入口近くにある駐車場は、広くて停めやすい。
いちばん奥にあるコッキントンコートにも駐車場があるようだ。

移動させればいちばん便利だけど、駐車料金を2回払うことになる!
1時間、2時間、3時間、それ以上の4段階の料金があったので、2時間分を払う。
1時間では、見て回れないだろう。

行列して駐車券を買い、車へ戻ってダッシュボードの上に置く。
見学を開始しようとすると突然、また雨が降り出した!
これまでの経験で雨はせいぜい、15分程度で止むと分かっているので待つ。

サッと日が差してきたので、車から出てコッキントンコートへ向かう。
同じ時に出発した人々と歩いて行くが、誰も正しい道を知らない・・(苦笑)

しばらくすると、草地へ入って行く人たちがいた。
私は、薄暗いけど車が通れる道を歩いた。
この道でいいのかどうか、分からないけど・・

しばらく歩くと、それらしい建物が見えた!
チケット売場かと思って近づくと、そこは小さな店が集まったショップだった。
アーティスト村みたいな感じだ。

人ひとり歩くのがやっとの細い道♪
横から回るように歩いて行くと、キレイな庭と教会があった。

林の中に教会がある。
誰が通っているんだろう?

散りかけのアザレアの木があるところに、犬を連れた人たちがいた。
人々は自然を楽しみ、犬は散歩を楽しむ☆

たくさんの犬たちが楽しそうに遊んでいる。
この子は、そうとう大きな犬だけど、とても人懐っこくて私の周りをウロチョロしていた。

でも、常に飼い主の顔を見て、ようすをチェックしている!
呼ばれたら、いつでも駈け寄れる態勢だ。

飼い主が、弓なりになったスティックを持っている。
何だろう?と思いながら見ていた・・

ボールをすくって遠くへ投げてやるための道具らしい。
いちいちかがんでボールを拾わなくて済む優れものだ♪

コッキントンコート
元々は、マナーハウスだったようだ。

芝生に入って庭の方から写すと、ちょうどよい光になる!


しつけの良いわんこたちは室内でも、おとなしい♪

中を見るにはお金がいるだろうと思っていたら、1Fはカフェや土産物コーナー。
2Fは行政関係の事務所で、無料だった。

美しい芝生の向こうにある林を抜けると、コッキントン村の家々がある。

芝生の中にあるコートは何なのか分からなかったが、後でクリケットコートだと分かった!
左上にあったカフェみたいな建物は、クリケットのお茶用の建物だった。

写真の右奥に湖があるようだけど、パスして村の家を見ることにする。

おもちゃみたいな可愛い家が並んでいるが、実際に人が暮らしているのがすごい!
この家は、コッキントンコートにいちばん近い場所にある。

アーティストの工房になっている家が多い。

ここはギャラリーだ。
ほかの家と違って、かなり大きい!

カフェは、どこも客で賑わっている♪
今日は土曜日だから・・

村を見るだけでなく、コッキントンコートまで歩いて良かった☆
グルッと一周したので、ステキな風景をたくさん楽しめた!

90分くらい滞在したので、2時間分払っておいて正解だった。
時間に急かれるのはイヤだ。

英国の田舎へ足をのばすヒマがない人は、ここへ来るのがおススメ!

コンパクトな村に、英国らしさが凝縮している。
歩き疲れたら、ティールームでクリームティを楽しもう♪

コッキントンへのルート