語学学校のコース選択

語学学校の授業は、午前と午後の2つのコースの他に、ランチコースや英語検定試験のためのIELTSコースもあるが、詳しいことは知らない。

私は大学へ行くつもりじゃないから、検定試験を受ける必要がないし、英語を仕事に活かすために勉強しているワケでもないからだ。

日本やアジア系の学生の多くは、午前中コースを選択する。
授業が12時に終わるので、午後を自由に使えるからだ!
午後は友だちとスポーツ、ショッピングなどを楽しめる♪

午前コースと午後コースは全く同じ内容でも、午後の方が半額近く安い!
私は、午後コースを選択した。

午後コースを選んだ理由!
1.同じ内容なら安い方がいいに決まっているから。
2.早起きがキライだから。
3.午後コースの方が日本人率が低いから。

【 各コースの時間帯 】

・午前コース 08:45~12:00
・ランチコース・IELTSコース 12:30~14:00
・午後コース 14:15~17:30

午前コースとランチコースを取ると、昼食時間は30分しかないので、外へ食べに行くことはむずかしい!

学校には学生用キッチンやリビングルームがあるので、持参した弁当やサンドイッチを食べるか、レンジを利用してパスタなどを食べることになる。
ランチコースと午後コースを取った場合は、昼食を早めに食べておく必要がある!

1月の途中から4月の終了まで、同じクラスにいたイラク人青年ハイダーは、何と3コースを全部受けていた!
彼は、カーディフ大学工学部をめざしているので、ランチコースではIELTSコースを選択していた。

IELTSコースは、英語運用能力評価試験であるIELTSに合格するための特化コースで、550点以上取らないと、英国の大学入学を許可してもらえない。

最初に出会った時、文法的な学力は私の方が良かったが、1日8時間近く英語を勉強する彼と、3時間しかやらない私の学力が、逆転する日は遠くなかった。

ハイダーとサウジアラビア人のファハドという勉強熱心なクラスメイト達のおかげで、後半の3ヶ月をとても有意義に過ごせた☆

ケルティックイングリッシュアカデミーは、日本人率が約10%だが、私が午後コースを取っていたせいか、ほとんど日本人と遭遇することがなかった。
英国留学を志す人で日本人と群れたくない人や英語の勉強に集中したい人には、おススメの学校☆

こんな風に日本人との交流を避けるような意見を書くと、同胞嫌いだと思われるかもしれないが、それは違う。

ある程度の付き合いは、必要だと思う!
元々、群れて行動しないタイプなのでトイレへ行くにも一緒♪みたいな関係は苦手なだけ。