大邱(テグ) 私の好きなまち

大邱へ行ってみようと思ったのは、釜山から約1時間で移動できる便利さと、私が初めて日本で食べた韓国家庭料理店の店主ミンジョンが大邱出身だったからだ。

彼女は、店のスタッフやその友だちを連れて釜山や大邱を案内する優しい人。
私が韓国好きだと知ると、「いっしょに行かない?」と誘ってくれた♡
ひとり旅が好きな私は可愛げなく、誘いを断ったけど・・

大邱は美人とりんごで有名だが、ミンジョンもきれいな人☆
彼女と知り合った頃、ちょうどテレビで大邱を紹介する番組を見た!

漠然としていた大邱のイメージが大きくふくらみ、行ってみようと決心した。
もう1つの理由が、韓国ドラマでホ・ジュンという名医の話を見たからだ。
ホ・ジュンは朝鮮一の医学書『東医宝鑑』を作った。

大邱の韓方博物館にあるホ・ジュンの肖像画。

大邱には昔から韓方薬を売る市場があり、韓国全土から上質な薬が集まっていたそうだ。
今でも薬令市と呼ばれる場所に韓方薬の店が並んでいる!

また、繊維産業が盛んで、韓国の伝統衣装である韓服(ハンボッ)は多くが大邱から全国に出荷されるという。
世界的大企業のサムスンは、大邱が発祥の地だ!

いろいろな名物がある大邱だけど、私にとっては、やはり食べ物が魅力♪

大邱の美味しい食べ物BEST3!
・マクチャン
・ナプチャクマンドゥ
・キムパッ

蓮根料理フルコースも捨てがたいが、別の機会に紹介する。

マクチャン

牛のホルモンの場合は第4胃袋、豚のホルモンの場合は大腸のことらしい。
写真を見ると、私が食べたのは豚のホルモンみたいだ!
大邱では、カリカリに焼いたマクチャンを味噌だれで食べる。

写真は、正確にはサムギョプサル&マクチャンのセットで、マクチャンは大量のニラの下に隠れていて見えない・・

見た目はあまり良くないけど、マクチャンの正体を知りたいだろうから、別の写真もアップしておく。

大きな塊を店のスタッフがハサミでチョキチョキ、食べやすい大きさに切ってくれる♪
これは、アンジランコプチャン通りにある別の店で食べたもの。

ナプチャクマンドゥ

マンドゥは漢字で饅頭と書く。
餃子のことだが、韓国ではほとんど蒸し餃子として食べる。

ナプチャクマンドゥは餃子の親戚みたいなものだけど、一銭洋食(これって、もしかして北九州だけの食べ物?)に近いかもしれない・・

大邱の台所である『西門市場』の屋台で食べたのは、何が入っているのか分からないけど美味しかった☆
一度食べると、また食べたくなる!

屋台では、皿を洗わなくていいようにビニール袋を敷いてある。(笑)
初めて見た時は衝撃的だったが今は、慣れてしまって何とも思わない!

ネギとコチュカル(唐辛子の粉)を散らしたナプチャクマンドゥは、タレを付けて食べる。

キムパッ

キムパッは、韓国風海苔巻き。
別に大邱じゃなくても食べられるだろう!と言われそうだが、大邱のキムパッが美味しい!

釜山滞在中、どうしても食べたくて、KTXに乗って買いに行ったことがあるくらいだ。(笑)

最後に、大邱で買うべきものを1つ紹介する。
それはアクセサリー!

なぜかよく分からないけど、大邱では他の地域より安くオシャレなものを手に入れることができる☆

私は、ヘアアクセサリーしか買わないが、日本の3分の1~5分の1くらいの値段だ。
西門市場なら大量に安く買えるし、街中のデザインショップなら1点ものを安く買える♪

1つ200円~300円程度♪
気に入ったものがあったら、買っておくことをおススメする!
市場には店がたくさんあって、また見つけるのが大変・・

ブルーのリボン型は大韓航空スタッフが使っているものに憧れていて、前からほしかった♡

クリムは、若い人に人気のアクセサリーショップで、東城路(トンソンノ)に2つ店がある。
西門市場より少し高いけど、日本に比べたらすごく安い!

これらは、お気に入りだけど、大邱のどこで買ったか覚えていない・・
3つともクリップ留めだから便利で使いやすい♪

大邱へ何度か行った後、ミンジョンの姪が結婚すると聞いた時、「韓国の結婚式を見てみたいなぁ・・」と何気なく言ったら、「じゃあ、いっしょに行く?」と声をかけてくれた!
私は、良い友だちを持って幸せだ♡