カーディフで、初めて買った日用品

学生寮の5人部屋で暮らす半年間の留学生活の始まり。
個室にはベッド、クローゼット、棚、机、バスルームがある。

バスルームは、シャワーブース、洗面台、トイレがコンパクトに収まっている。
しかし、日用品は、トイレットペーパーが1つあるだけ!

【関連記事】レジデンス(学生寮)って、どんなところ?

日曜日の夕方、ウェールズの首都カーディフへ到着したが、翌日すぐに買い物をしないと生活できない。

必要な日用品を揃えるのが、こんなに大変だと思っていなかった!
クロゼットには、ハンガー1つない。

学生は、シワにならない化繊の服が多いし、トップスとジーンズみたいな服しか持たないから、必要ないのかもしれないけどね・・

留学して、ちょうど一週間目の日曜日、中心部にあるジョン・ルイスというデパートへ。
それまでは毎日、スーパーで食料品、洗剤、トイレットペーパーなどを買うのが精いっぱい!

無尽蔵にお金を持っているなら、手あたり次第買っただろう!
何といってもインテリアにこだわる国民性なので、オシャレな品があふれている☆

しかし、わずか半年間のために、あれこれ買おうと思わない。
日本へ荷物を送るには、莫大な金がかかるから、捨てる覚悟で買うことになる。

絶対に必要だと思った品
・まな板
・ハンガー
・電気ポット
・電子レンジ対応容器3点セット

まな板

強い食物アレルギーがあるので、まな板の共用は、絶対に避けないといけない。
最初にフラットメイトたちに理由を言って、私のまな板を使わないように頼んだ。

帰国時、日本人フラットメイトにプレゼント♪

ハンガー

クロゼットにハンガーがないと困る!
冬でもコットンの服が多いので、吊るしておかないとシワになるからだ。

ジョン・ルイスのハンガーは、とても便利でしっかりしていたので、最後まで持ち歩いた♪
本当は、持って帰りたかったけど、重量オーバーが怖いから、あきらめてホテルに置き去りに・・

洗濯をすると、数が足りないので、途中で買い足したワイヤーハンガー。
コレは安物なので、そのままクロゼットに置きっぱなし。
次の留学生の役に立つハズ!

電気ポット

私の部屋は、共同キッチンからいちばん離れていた。
温かいものを飲む度にキッチンまで行くのは、とても不便!

このポットは、カップ1杯分のお湯がすぐ沸くので、とても便利で助かった☆

毎朝、学校へ持って行くためのお茶を用意した。
飲み物代を節約するためだ・・
ポットは、帰国時にクラスメイトへプレゼント♪

写真に写っているピンク色のミニポットは、夕方まで保温できる優れモノ☆
手前に置いてあるフリクションのペンは、大きさ比べのため。
消えるインクのフリクションは、想像以上に便利だった!

部屋や学校で飲んでいたのは、韓国のトングレ茶。
留学する直前、釜山で100パック入りを買ったけど、毎日飲むと、2ヶ月も持たない!

AMAZON UKで検索して、韓国から取り寄せ♪
200パック購入して、帰国までにほとんど飲んでしまった♡

電子レンジ対応容器3点セット

調理がキライだから、できるだけレンジを使ってやるつもりだった。
実際は、ほとんど使わなかったが、冷蔵庫に保存する残り物には便利!
フラットメイトのお弁当箱代わりに、しばらく貸していたこともある。

テレビがほしかったけど、高すぎて買えなかった・・
英国のテレビ番組を見るのが楽しみだったのに!