潭陽谷城LOVE旅行♡メタセコイア並木

初めての全羅南道の旅2日目。
光州松汀(クァンジュソンジョン)駅から南道一周バスツアーに参加。

通訳兼ガイドをお願いしたMARIKOさんと、全羅南道庁の命を受けて参加したMIYOさんがいるので心強い♪

潭陽・谷城LOVE旅行スケジュール
10:10 光州総合バスターミナル・ユースクエアを出発
10:35 光州松汀駅を出発(私は、ここから乗り込む)
潭陽で瀟灑園(ソセウォン)
竹緑苑(チュンノグォン)
竹花景(チュッカギョン)という庭を見学
メタセコイア並木又はコーヒー村から選択見学
谷城で汽車体験
20:00 光州松汀駅で下車
20:25 光州総合バスターミナル・ユースクエア終点

潭陽(タミャン)で瀟灑園竹花景を見学後、地元の名物料理を食べてから、竹緑苑を散策。

竹緑苑の前で、「これから向かうメタセコイア並木が、ここから続いているんですよ」と、MIYOさんが教えてくれた。

噴水広場では、子どもたちが歓声を上げて走り回っている♪
韓国の子育ては、日本よりユルイと思う。

良くも悪くも本人の好きにさせる部分が多いので、子どもがノビノビしている!
そして、周りの大人たちがとても寛容なのが、韓国の子育ての特徴だ。

観光センター前の巨大なオブジェは、鳳凰と玉!
竹で有名な潭陽で、少し前に行われた催しのために造られたもの。

イベント終了時に壊される予定だったが、もったいない!という声が大きくなり、展示してある。
後ろに停まっている観光バスと比べたら、大きさが分かると思う!

バスへ戻る前に、観光センターへ寄ってみた。
入ると、すぐ右手のデスクにスタッフが座っている。

日本語のパンフレットを取ると、「日本人ですか?」と話しかけてきた。
MARIKOさんとMIYOさんは韓国語が上手なので、続きは韓国語で♪
建物は立派だが、パンフレット類が豊富というより、映像を見せる場所のようだ。

案内所としての質は、ともかく、竹を利用した壁面やドアはすばらしい☆
こんなに風格のあるトイレは初めてかも・・

立派なドアを開けると、左右に男女別のトイレがあった。
きちんと管理してあってきれいだし、韓国の公衆トイレでおなじみの使用済みトイレットペーパー入れも竹で編んだ籠だ☆
でも、竹籠を使うより、トイレットペーパーを流せるシステムにした方がいいと思う。(苦笑)

消火栓もできるだけ目立たないように、壁と同化している♪
ここまで徹底してやると、すごい!

再びバスに乗って、次の目的地へ向かう。
私は気づかなかったが、MARIKOさんが「バス停も竹製ですよ!」と指さして教えてくれた。

メタセコイア並木への入口は、ちょっと分かりにくい。
韓国語が堪能な2人も、説明がよく分からなかったというので、3人でウロウロ・・

そもそも並木を見るのに金を取るという発想が、すごい。
どうやって並木を見る人から入場料を取るのか?・・そこが気になる!

チケットを買って入口を入ると、表紙のような風景が見える。
左側に並んでいる、濃い緑色で背の高い木が、メタセコイア!

以前も来たことがある2人によると、こういう設備はなかったそうだ。
子どものための遊び場だろう♪

視線を少し左に向けると、大きな三角屋根が見える。
ここが、並木道への入口だ!

通路を通って行くようになっているので、ちゃんと入場料を取れるワケ♪
敵ながらアッパレな工夫☆

ところで、メタセコイアって何だろう?
調べたら、ヒノキ科らしい。

えっ!
ヒノキ科とスギ科は同じなの?

ヒノキ科(スギ科)って書いてある。
知らなかった・・

木だけだと大きさが分かりにくいけど、人が傍にいるとどれだけ大きいか良く分かる!
朝鮮戦争の時は、全土がハゲ山になるほど木を切り倒したのに、よく残っていたなぁ♡
戦後、植えたのか?

観光情報
名前 담양 메타세쿼이아 랜드
住所 전라남도 담양군 담양읍 학동리583-4

メタセコイア並木へのルート