潭陽谷城LOVE旅行♡ランチ

初めての全羅南道の旅2日目。
光州松汀(クァンジュソンジョン)駅から南道一周バスツアーに参加。

通訳兼ガイドをお願いしたMARIKOさんと、全羅南道庁の命を受けて参加したMIYOさんがいるので心強い♪

潭陽・谷城LOVE旅行スケジュール
10:10 光州総合バスターミナル・ユースクエアを出発
10:35 光州松汀駅を出発(私は、ここから乗り込む)
潭陽で瀟灑園(ソセウォン)
竹緑苑(チュンノグォン)
竹花景(チュッカギョン)という庭を見学
メタセコイア並木又はコーヒー村から選択見学
谷城で汽車体験
20:00 光州松汀駅で下車
20:25 光州総合バスターミナル・ユースクエア終点

瀟灑園見学後、予定とは違う順番で竹花景へ。
有名な竹林竹緑苑を見る前に、まずは腹ごしらえ♪

玄関で靴を脱ぐ伝統的スタイルの食堂だ。
죽향숯불갈비という名前だから、『竹香炭火カルビ』だろうか?
予約時間は過ぎているが、まだ席が用意されていない。

1つのテーブルに4人ずつ座るのが韓国流だと、MARIKOさんとMIYOさんが教えてくれた♪
私たち3人とインチョン広域市から来たという1人参加の女の子が同じテーブル。

驚いたのは、女の子が全員の箸やスプーン、水などを手際よく配膳したこと!
相手が自分より年上だと思ったら若い子は、すすんでサービスする☆

他のテーブルは、メイン料理が運ばれる前からおかずをパクパク食べている!
しかし、カメラを持った私たちに遠慮した女の子は食べずにジッと待っていた。
「ごめんね~!食べかけだと美味しそうに見えないから・・」と謝る。

トッカルビは、牛肉を細かく刻んで作る韓国版ハンバーグみたいな料理。
本来は牛肉だけで作るため、硬くてボソボソした食感のものが多いらしい。

この店のは野菜も入っていて柔らかく、炭火焼きだから、とても香りがよくて美味しかった!!
これを食べるためだけでも、また行きたい!と思うくらいだ♡

竹筒に詰めて炊いたご飯は、この地方の名物料理☆
いろいろな豆なども入っていて美味しい♪
竹の香りとエキスが出るためか、サッパリして食べやすかった。

しかし見た目より多く、底までぎっしりご飯が入っているので全部食べるのはムリ・・
料理が美味しいことで韓国人にも人気の全羅南道だが、この店のおかずは本当にすごかった!

メイン料理はトッカルビと竹筒ご飯なのだが、キムチやナムルなど定番おかずはもちろん、チャプチェ、小さなカニの和え物、海藻サラダ、野菜サラダ、生ジャガイモのサラダ、タケノコの和え物などが、テーブルに並ばないほど運ばれた。

出るわ、出るわ!
写真を撮ってから食べ始めたが、後から後からおかずが追加される!

韓国では、おもてなし料理に必ず登場するクルビ(イシモチ)の焼き物☆
これまでは骨を取るのが面倒なので、一度も手を出したことがなかったが、何でも挑戦!という気持ちで食べてみた。

焼き方が違うのか、こういう味なのか分からないが、すごく美味しい!
歯の良い人は、頭から丸ごと食べるそうだ。
さすがに、ソレは無理・・

左上はエリンギの和え物、右上が追加でもらったジャガイモサラダ黒ゴマソース和え。
右下は梅の実を甘く煮たもの、左下は名前を忘れたけど『豚の鼻』と呼ばれる植物。
根菜類だと思う・・

私以外の3人は、他のテーブルにあって自分たちのテーブルにないものに敏感だった。
店のスタッフに「あの~!その料理が来てないですよ!」と催促してくれる。

いちばん奥なので、最後までおかずをもらえない私たちを気の毒に思ったのか、隣のテーブルの韓国人女性グループがジャガイモサラダをくれた。

見た目はそうめん?という感じだが、口に入れるとシャキシャキした食感♪
一皿の量が少ないので、最初は少ししか食べられなかったが、追加で食べられてうれしかった☆

お腹いっぱい食べて、1人前₩12,000(約1,200円)!
全羅南道が、食の宝庫と呼ばれることに納得♡

店舗情報
名前 죽향숯불갈비
住所 담양군 담양읍 죽녹원로 131

죽향숯불갈비へのルート