beginnerクラス 授業参観の日

2018年11月からウェールズの首都カーディフで半年間、語学留学をした。
下から2番目のビギナークラスからスタート!
【関連記事】
ビギナークラス
Beginnerクラス 受講から1ヶ月過ぎた頃

ほとんど毎日、私がいちばんに教室へ入る♪
12月上旬のある日、2番目にアーメドがやって来た。
最近、彼はまじめに来ている。

始業時、教室にいたのはアーメド、イブラヒム、私だけ。
その後アブドゥラ、ヘナン、モハメッドとナワフがやって来た。

定員は10人だけど、5、6人がベストだと思う!
最初に、宿題の答え合わせをやった。

私は、けっこう勘違いしているところがある。
もっと気をつけないといけない・・

今日のお題は『FESTIVAL』
世界のまつりをプリントアウトしたものを教室の壁に数枚、貼ってある。
どこの国のまつりか、どんな内容なのかを当てるクイズだ。

火まつりのイメージ

日本のまつりは、人が櫓(やぐら)に上っているところへ火を点けるシーン。
「何故そんなことをするのか?」とクラスメイトたちに訊かれたが、答えに詰まる。

日本のまつりというだけで、どこのまつりなのか分からない!
リオのカーニバルくらい有名ならともかく、火を使うまつりなんか、あっちこっちにあるだろう。

結局、日本のまつりは火のまつりで片づけられた。
ちょっと違うと思うけどねぇ・・

現在進行形は、形が決まっているから、文章を作るのは簡単!
でも会話になると、むずかしい。

その後、1人ずつ教室から出されて、残った人がいろいろな動作をするのを説明するゲームをやった。

たまたま、私が最後の回答者になった。
みんな思いきりむずかしくしようと躍起になっている!

そういうクラスメイトたちが微笑ましい♪
残念ながら、全問正解☆

今日は、NAWAFINGという新しい言葉をみんなで生み出した♪
NAWAF(ナワフ)が、いつもヘンなことをするから。
ヘンなことをした時に使う!(笑)

ずっと、このメンバーのままならおもしろいけど、それはムリというもの!
教務責任者のケリは、隅っこに座って、ジッと授業を観察していた。

私は、ケリが私たちを観察しているんじゃないと分かっている。
担任であるレイチェルの指導法をチェックしているんだから!

しかし、ほかの人は、ケリの存在をかなり気にしている。
「自分たちの何をチェックしたのか?」と、後でレイチェルに質問していた。

国の金で留学しているサウジアラビア人は、成績が全て大使館に報告されるせいかもしれない。
本当に気にするなら、もっとマジメに勉強すればいいのに!