2年ぶりの南海グリル♪

叔母を訪ねて480里の旅。
初日の夜は、叔母が大好きな南海グリルへ♪

グルメな叔母が、特別な時に利用するという高級肉料理の店だ。
私のために、わざわざ選んでくれたことがうれしい♡

ナビとスマホを両方使って、ルート検索をする。
ナビは新しい道を知らないし、グーグルマップは時々、とんでもない道へ案内するから、二刀流で行く♪

夕暮れが残る時間に海岸沿いの高架道路を通ったので、とても気分よく運転できた♡
電車が走る堺市の大通りから1本入ったところにある南海グリルは、駐車場へ入る通りが一方通行。

曲がり損ねてグルッと回ったけど、結果としてはそれが正解!
ナビの言うとおりに走ったら、逆走になるところだった。

こんな目に遭っても、ぜんぜん懲りない性格だから、知らないところも平気で運転できるんだろう♪(笑)

店内では、マスク着用を求められる・・
ひとり暮らしをしている叔母は、あまりマスクをする機会がないせいか、持って来ていない。
予備のマスクを渡した。

カウンターは、グループごとに透明のアクリル板で仕切られている。
飲み物はジンジャーエール、叔母はマンゴージュースをチョイス♪

マンゴージュースは、トロッとして濃い☆
後で、牛肉と同じ宮崎産のものだと分かった!

昔、宮崎へ旅行した時に気に入って、何度か取り寄せた宮崎果汁のジュースだ。
もっとも私は、いつもグァバジュースしか注文しなかったけど・・
この日、グァバジュースは、残念ながら売り切れだった。

叔母も私もあまり量的に食べられないので、シンプルなヘレコースにする♪
フィレ肉をヒレ肉と呼ぶのを知っていたが、ヘレは知らなかった。

初めて南海グリルで、メニューを見た時、「なんだコレは?」と驚いた!
関西では、みんなヘレと呼ぶんだろうか?

担当スタッフは、まだ研修中という若いお兄さん。
熟練の技じゃないけど、厳しい指導を受けているのか、失敗もない☆

前菜4種を食べている間に、2種類のスープから選んだものを鉄板で温めてくれる。
右上の小さなオムレツに入っているトウモロコシが、甘くて美味しかった♡

私は前回、マッシュルームスープを選んだので、今回はコーンスープ。
叔母は、カボチャスープをチョイス♪

サラダもドレッシングを選べる。
野菜とゴマ。

生玉ねぎが苦手な私は、ゴマにした。
濃厚なドレッシングだ。

スープを飲んでいる間に、お兄さんは、1人前160gのヘレを焼き始める。
肉は120g、160g、200gの3つから、好みの量を選べる!

肉が油っぽくなるのを防ぐためか、焼いた肉を食パンの上にのせる。
客のペースに合わせて焼いてくれるのが、いい♪

ヘレは、ミディアムレアでお願いしたので、柔らかくて食べやすい☆
良い肉は、あまり焼かない方が美味しいと思う。

付け合わせの野菜も、鉄板で丁寧に焼く!
特に、分厚い椎茸が美味しい☆

肉汁を吸ったパンは、バターでカリッと焼いてくれる。(写真は、ないけど・・)
でも、お腹いっぱいで食べられない・・

ご飯は、チャーハンを作ってもらった。
卵オムレツを作り、それを小さくカットするようすを見ているだけで楽しい♪

前回は、油っぽかった印象なのに、食べやすかった。
理由を訊いてみたら、選んだ肉によって味が変わると言う。
たしかに前回は、ロースだった!

バターでソテーしたパンは、パスしたけど、チャーハンは全部食べた。
添えられたタクアンと梅干も美味しかったそうだ☆
私は漬物を食べないから、手を付けていない。

食後のデザートは、地下の別室で提供するのが、この店のやり方♪
シャーベットとコーヒーをもらう。

隣では、中学生くらいの女の子が『今日の主役!』と書いたたすきをかけて、誕生会をしてもらっている。
家族全員の写真をスタッフに撮ってもらって、ご満悦♪

小さなバースデイケーキのロウソクに火を灯すカップルもいた♡
堺の人たちにとって、南海グリルは晴れの日のごちそうなんだろう。

前回の訪問については、こっちを見てね♪
大家族との食事

店舗情報
名前 南海グリル 中店
住所 大阪府堺市堺区車之町西1丁2

南海グリル中店へのルート