トーキーへの旅

ヒルトン・パックラップ・ホール, テュークスベリは、高速道路の傍だという立地条件で選んだが、完全に期待ハズレの宿だった。

ホテルを出発して、すぐに高速道路に乗り、ひたすら南をめざす!
トーキーまでは144マイル(約230km)だ。

英国の高速道路は無料!
長距離走ってもガソリン代だけで済むのが助かる☆
おまけにレンタカーは、トヨタのハイブリッドカーなので私の財布にとても優しい♡

出発して間もなく雨が降り出した。
しかも、土砂降り!

最初は、周りの美しい風景が見えていたけど、やがて真っ白になるほど強い雨になった。
こんな日に観光している人は気の毒だ・・
私は移動日だから、まだガマンできる。

大雨が降るのは、久しぶりだ!
数日間、晴れていたのが奇跡と言ってもいい☆
カーディフでは半年間、晴れが続くことは、ほとんどなかった。

秋と冬の英国しか知らない私なので、美しい緑を眺めながらドライブしたかった。
しかし、前の車と車間距離を取りながら運転するのがやっとだ・・

心配は、朝食で紅茶をがぶ飲みするからトイレへ行きたくなるだろうということと、ガソリンが半分になっていることだ。

日本では給油ランプが点灯しても平気で走るけど、英国はガソリンスタンドが少ないし、JAFも来ない(当たり前!)から早めの補給が必要!

サービスエリアはウェールズと違って、道端なので利用しやすい。
ウェールズの高速道路は、いったん出口を出たところにサービスエリアがあるので、戻るのが大変だった・・

サービスエリア内の店舗は、だいたいどこも軽食、ファストフード、コンビニが入っている。
トイレは、きちんと管理されていて清潔なので、安心して利用できる☆

イースターホリデーは終わったのに、それを待っていた人たちが多いのか、利用者が多い。
2つ目のサービスエリアで給油したら、£40近かった!

毎日走り回っているから仕方ない。
ほぼ、2週間走って£40!
公共交通費に比べたら、はるかに安い☆

ちなみに、ヒースロー空港からウェールズの首都カーディフまで、格安バスの前売りで買っても片道£20する!

13時頃、トーキーへ到着した。
宿まで行ってみて周辺のようすを確認してから、行先をシーフードレストランに設定して、再び出発。
ところが、めざす店はロータリーにあって、駐車場がない!

グルっと辺りを回ってチェックし、いちばん近そうな港の駐車場に入れた。
何とか数台分空きがあったので良かった☆

悩んだけど2時間分、£2.5を払う。
1時間だと食事するだけで、街を歩く時間がないと思った。

端から順番に店を見ていたが、フィッシュ&チップスの店が多い。
英国人のフィッシュ&チップス好きには、ホントに呆れる・・
せっかく新鮮な魚を食べられる港町に来ても、フライにした魚ばかりじゃねぇ!

私が選んだシーフードレストランのメニューを見ると、別の魚料理もある♪
でも今日は、あまりお腹が減っていないのでやめておく。

シーフードは、とても高価だ!
食べる時は、お腹を空かせていないともったいない。

 

近くのティールームにクリームティがあるのを見つけた♪
デボンシャーが近いから、本物だろうと期待して入る。

クリームティとは♡
スコーンと紅茶のセットをクリームティと呼ぶ。
添えられるのはイチゴジャムとクロテッドクリーム!
食べ方の作法は半分に割ったスコーンに、ジャムとクロテッドクリームを塗る。
クロテッドクリームの本場はデボンシャー☆
有名なアフタヌーンティのいちばん簡単な組み合わせがコレだ!
スコーン2個と紅茶を飲むと、食事の代わりになるくらいお腹いっぱいになる。

スコーンをフルーツとプレーンから選べたのも理由のひとつだ。
若いスタッフは掃き掃除に燃えていて、知らん顔をしている。

何なんだ?と思っていたら、店の奥に『注文を決めたら、カウンターで支払いをしてください』と書いてあった。
なるほど、客がカウンターに行くまで知らん顔なワケだ・・

クリームティね!と言うと「スコーンはどうしますか?」と訊くので、プレーンで!と答える。
「紅茶ですか?コーヒーですか?」という質問には多少驚いたが、紅茶ね、と答える。

これまで、クリームティをコーヒーと一緒に提供する店は、なかった。
時代が変わったんだろう・・

紅茶は、すぐ運んでくれるがポットが小さい!
これじゃ、2杯分くらいしか飲めないんじゃないか?とガッカリ・・
しかも時間を置いてから入れたのに薄い。

肝心のスコーンはデカい!
イチゴジャムとクロテッドクリームは普通サイズの容器に入っている。

スコーンを半分に切ったら、ポロポロ崩れた。
イチゴジャムを塗る時もクリームを塗る時も気をつけないと崩れてしまう。

それで、スタッフが床にたくさん落ちた食べかすを掃除していたんだ・・(苦笑)

クロテッドクリームは、カーディフのペディグリーで食べていたのと変わらない。
ペディグリーのスコーンの方が好みだ♡

インフォメーションを探したが、見つからない。


この写真の手前を港の方に歩いて行くと、インフォメーションがあるのを後日、発見した。

商店街で靴屋を見つけた!
サンダルかぺたんこのバレエシューズを買いたい。
春になったのにブーツは暑苦しい・・

バレエシューズとゴムのサンダルで赤いのがある!
バレエシューズはサイズが合わないとパカパカ脱げるので買わないことにした。
ゴムのサンダルは保留・・可愛いけど、ちょっと高い!

昨日までの天気だったら、迷わず買っただろう。
驚いたことに、北ウェールズから南イングランドのトーキーへ来たら、春物のコートを着ていても寒いくらいだ!
これならブーツのままでもいい。

今日は、タイツにしたけど暑くない。
でも、キレイな赤い靴は日本ではなかなか見つからないから、ほしい♡

もう少し先まで歩こうかと思ったけど、2時間過ぎてしまいそうなので、駐車場へ戻ることにした。
ふと案内板を見ると、インフォメーションまで2分と書いてある!

昨日、ネットでチェックしておけば分かった。
ギリギリまで次の目的地を調べないから悪い!

でも、早めに見たら忘れてしまう。
年は取りたくない・・

トーキーへのルート