ブレコンビーコンズの滝めぐり

私が通った語学学校 Celtic English Academy では毎月、バスツアーを開催している。

留学して2週間後、バスツアーに参加した。
カーディフの北にあるブレコンビーコンズ国立公園内の滝をめぐるコースだ。

土曜日の朝、9時に国立博物館前に集合予定だったので、20分前に到着するように出かけた。
ところが、9時数分前に1人やって来ただけ。

彼が来たことで、場所と時間を間違っていないことは分かったが、その後8人やって来ても、バスは来ない・・

9時36分にやって来た日本人女性が、情報をくれた。
別の生徒に学校から連絡が来て、出発時間が10時になったそうだ!
あり得ないことでも起こるのが英国・・
なぜ、参加者全員に知らせないのか?

小雨が降り出したので、みんなで国立博物館の屋根の下へ入って、バスを待つ。
1時間以上寒い屋外に立ちっぱなしで身体が冷え切った私は、暖かい部屋へ戻りたくなった・・

10時頃やって来たのは、小さなバス。
運転席の横に2人座って、ギリギリ20人乗れるサイズだ。

最後に遅れてやって来た2人組の女性のために、男の子が運転席の横へ移動させられた。
この時、移動して席を替わった男の子は、英国人でも日本人でもなかったので、つい母国の習慣で右側のドアへ回った。

ガイドは「そうか!じゃあ、今日はきみが運転して、ウェールズを案内してくれ!」とジョークを飛ばす。
男の子は、恥ずかしそうに席を移動していた・・

バスは、ブレコンビーコンズへ向かって走り出す♪
40分くらい走って、最初の目的地へ到着。

入口はフェンスでふさがれていて、人ひとりがやっと通れるくらいの隙間をくぐるようにして入る。
Sgwd Gwladysという滝だ。

ガイド役の男性が生徒たちに「ここへ白い靴を履いてきたのは、失敗だよ!」と笑う。
白い新しい靴を履いている数人が、思わず自分の靴をジッと見ている。

道は舗装されていない上、落ち葉がたくさん積もっているので、滑りやすくぬかるんでいるところも多い。

フランス人の女の子が私のブーツを見て「あなたの靴は最高ね!茶色だから泥が目立たない」とほめてくれる。

そう言われても、新しいブーツが泥だらけになるのはイヤだ!
バスツアーに参加するのは、気軽に話しかけてくるタイプが多い☆

 
受付スタッフは、長距離歩くところはない、と言っていたのに、最初から延々と歩かされる!
多くの人が「まだ先なのかな?」と言っていたから、そう思ったのは私だけじゃない。

こんな風に整備されている道は、歩きやすい♪
30分くらい歩いて、やっと滝へ到着!


フランス人2人と記念写真♪

下から滝を見た後、更に奥へ進み、運転手とフランス人女生徒が、坂を駆け上がる競争をすることになった。
結果は、運転手の勝ち!

そりゃそうだ!
何度も来ているから、どこを上がれば一気に行けるか分かっている。
女の子は、イノシシのようにまっすぐ上がろうとするから、途中で滑って遅れた。

滝の手前は、考えられないくらい穏やかな流れだ☆
断崖では一気に落ちるから、すごい流れに変わる。

英国は『全て自己責任!』が徹底しているから、「滑りやすくて危ないよ」と注意はするけど、手すりなどの防護柵がないので、どこまで近づくかは本人次第。
大丈夫だと思って近づき過ぎて落ちても、自己責任!

来た道を戻りバスに戻った時は、12時を過ぎていたので、「お腹が減った!」という人が多かったが、村のパブへ寄らずにバスで移動。
次の滝を見る前に、村の集会所みたいな場所でランチタイムとなる。

数少ないメニューのほとんどは、売り切れ状態だ。
私は、ウェルシュケーキと紅茶を注文。

いつも食べていたカーディフ市場の店のとは、違うタイプだ!
手作りで形がいびつだけど、美味しい☆

バスの中で仲良くなったアルゼンチンの女の子と日本人サワは、ハムを挟んだサンドイッチを食べていた。
英国のハムは、日本とは違い、分厚くてベーコンみたいに大きい!

バターを塗ってないパンに、焼いたハムを挟んだだけのサンドイッチは、私には魅力的とは言えない・・

再び歩いて、次の滝へ向かう。
今度のは、滝とは言えない!
段差に過ぎないような小さなものだ。


みんなの後ろにチラッと見えるのが滝!

地層のズレを見ることができるので、地球の成り立ちや地質学に興味のある人にはいいと思う。

バスに乗って、最後の滝へ。
狭い道を通って、誰かの家の前に停まったバスから降りて、細い道を入って行く。

ガイドが「次の滝は5分くらいで到着できるけど、ものすごく急な坂道で滑りやすいから気をつけて、そして急な坂道ということは、帰りも急な上り坂だから気をつけて!」と言う。

ガイドの脅しなどではなく、めちゃくちゃ急な坂道で、しかも濡れた落ち葉が積もっているから、危険この上ない!

留学生活が始まったばかりなのに、こんなところで転落して骨折なんて、冗談じゃない!
一歩一歩踏みしめて歩くから、足が痛くなる。


流れ落ちる水の向こうに小さく写っているのが生徒たちとガイド

最後の滝は、かなりの高さがあり、滝の名にふさわしいものだ☆
流れ落ちる水の裏側へ行く道があるので、先に到着した人たちは、すでに歩いていた。
滝までの細い道は岩だらけで、濡れているのでホントに危険だ!

帰りは、垂直かと思うような崖をよじ登ることになる。
段差が大きいので、疲れた足が上がらない・・

バスに戻ったら、ガイドがその家の主人に「お騒がせしてすみませんね!」と挨拶していた。
2匹の犬たちがうれしそうに尻尾を振って挨拶している。

後でガイドが教えてくれたが、ここの主人は狩りをする人で、鳥を撃つそうだ。
2匹の犬たちは猟犬で、獲物を持ってくるのが仕事らしい。

これがホントのレトリーバーだ!
犬種は、レトリーバーじゃないけどね♪

 
次は、山の上でバスを降りた。
晴れていたら絶景が見えるはずだけど、すでに薄暗くなっている上に霞んで良く見えないから、案内板を写しておく。

バスに戻ると、お菓子とペットボトルの水が配られた。
カーディフ市内へ向かっていたバスは、高速道路から降りて狭い道を走り、コッホ城へ到着!
ウェールズ語で『赤い城』という意味のカステルコッホが、正式名だ☆

ところが改修工事中だし、時間が遅いので内部の見学もできない!
この城を楽しみにしていたので、ガッカリ・・

これに懲りて、二度と学校のバスツアーには参加しなかった。
表紙は、3月にブレコンビーコンズへ行った時の写真☆

カステルコッホへのルート