アシアナ航空でソウルへ♪

アシアナ航空ソウル便は、11時30分福岡空港発なので早起きしなくて済む♪
どうやって空港へ行くか悩んだが、やはり慣れた車がいちばんなので駐車場を予約した。

サイドパーキングは福岡空港国際線ターミナルにとても近いので便利だ☆
しかし、10月に消費税が上がったせいで、また料金が1日200円も上がった。
おまけに近々、移転するらしい・・困るなぁ!

6月、釜山へ行った時も利用者が減っている感じだったが、今日も国際線ターミナルへ向かうのは私ひとりだ。
やはり韓国旅行をする人が減っているんだろうか?


福岡空港国際線ターミナル内

連れと合流する前にアシアナ航空のカウンターの場所を確認しておく。
どうやら、正面玄関から見て右端のようだ。
数少ないイスに座って待つ♪

フラっと現れたのは、友人のきよさん。
相変わらず、リュック1つの身軽なスタイルだ!

チケットは彼の手配だったので、アシアナ航空に慣れているかと思ったら、カウンターの場所を知らないと言う。
チェックしておいて良かった♡

私と会う前に、福岡空港でWi-Fiをレンタルしたらしい。
パスワードを教えようとしてくれたので、タイsimを使っているから、いらないと断る。
24時間いっしょにいるワケじゃないからね・・

チェックインの行列に並んでいたが、私より短気なのか「自動チェックインは、できないのか?」と言うから、「あそこにあるよ」と指さすと、サッサと行ってしまった。

アシアナ航空のチェックインカウンターは、預け荷物チェックをした後で並ぶスペースが狭いためか、列がはけるまで検査がストップしてしまう。

一方で上級クラスの人は、後から来ても先に検査を受けるので不公平感がある。
荷物検査くらい平等にやってほしい!

チケットを受け取ってカウンタースペースを出ると、自動チェックインを済ませてヒマそうなきよさんが待っていた。
すぐ、出国手続きに向かう。

6月まで液体類を出して検査していた福岡空港だが、やっと機械が新しくなったようで、バッグから出さずに済んだ☆

スマホ、電子機器や歯磨きペースト、リップバーム、予備のコンタクトレンズなどの液体類を出すのは、とても面倒だったので助かる。

出国も顔認証でパスポートにスタンプを押さなくなっていた!
制限区域に入ったら、まずゲートの位置を確認する。
韓国第2の航空会社だからか、沖止めじゃない☆


ツボを押さえた品揃え!

次の旅行の時の参考にするために免税店をチェックしてみる♪

ほとんど食品ばかりだ。
でも、搭乗客の多くを占めるアジアからの人たちの好みをよくチェックしている!
九州では利用者数トップの座を保つ福岡空港だろうが、全国の名産品も揃えているのは、さすが☆

その辺にいると言っていたきよさんは、姿が見えない。
仕方なくゲームをして時間つぶし・・

搭乗案内が始まった頃、やっと現れたので列に並ぶ。
隣のゲートに駐機しているタイ航空の機体が大き過ぎて、小さく見えたアシアナ航空機だったが、通路が2本あるボーイング767だった!
しかも、出発直前に周りを見ると、ほぼ満席。

インチョン空港で乗換する予定がありそうな日本人・韓国人以外の客がけっこう多い!
座席にはモニターがないので残念だが、シートピッチが広いのでゆったり座れる☆

離陸してすぐに、どこからともなく良い匂いが充満して来た♪
まさか、機内食が出るのか?と思っていたら、ホントにホットミールが出たのでビックリ!

小さめのパックだけど、ご飯とチキン、ブロッコリーに甘いソースがかかったものだ。
それに水とビビンパッ用コチュジャンが付いている。

ウェールズ留学の往復で使った大韓航空では、悲惨な機内食に憤慨した私だから、よけいに驚いた!
シンプルな具材で、クセがなく食べやすい♡

インチョン空港へ到着後、広いターミナルを延々と歩いて入国審査へ行くと、手前に韓国人専用ゲートがあり、外国人は、はるか遠い場所まで行かされる。

しかも、手前から入れてくれればいいのに、いちばん遠くまで誘導され、ロープをクネクネ張ったところを歩かされる。

前回、第1ターミナルを利用した時は1時間以上待たされた覚えがあるので、ちょっと心配したが、数人待つだけで入国審査が終了!


インチョン空港メインターミナル内

私のスーツケースを受け取ってから、制限区域を出た。
およそ2年ぶりのソウル旅が始まる♪