淡水(ダンシュイ) 紅毛城

台北旅2日目、午前中はロープウェイで猫空へ行き、高台から台北市内を眺めながらお茶を楽しんだ

だんだん天気が下り坂になる予報なので、予定を変更して、もう1つの風光明媚な観光地である淡水をめざす!

MRT淡水駅から漁人碼頭(ユーレンマァトウ)へ行くため、紅26番バスに乗ったが、先に紅毛城へ寄ることにした。

漁人碼頭は夕日が美しいところなので、紅毛城を見学してから行った方がいいと考え直したからだ。

にぎやかな韓国人女性たちといっしょにバスを降り、チケット売場へ。
バス停から前方へ歩いてすぐのところに紅毛城がある!

紅毛城入口は、緑で作った門。
バス停からここまでは、ほんのわずかな距離だ。
でも日差しが強くて暑い!

チケットには、新北市立淡水古蹟博物館と書いてある。
紅毛城を見に来たつもりだけど、この名前で合ってるんだろうか?
門をくぐると、目の前にチケット売場があるから、そこでチケットを買ってね♪

チケット売場の建物の横から奥へ進むと、いきなりメルヘンの世界が広がっていた!
前方に、にぎやかな一団がいる。

また階段・・
にぎやかな集団が先に階段を上がって行ったので、最後尾まで待つ。

屋外学習なのかな?
みんなお揃いのショッキングピンクのポロシャツを着ている。

寒い日本からいきなり初夏のような台湾に来た私は、温度差についていけない・・
たいした階段じゃないのに、途中で死にそうになった!

青空にレンガ色の紅毛城がよく映えてキレイ☆
ムリしてでも今日、ここまで来てよかった!!

紅毛城の左手にある小さな広場に立っていた衛兵。
雰囲気は、英国の衛兵☆

城といえば、地下牢!
地下といっても、ちゃんと上の方に明かりとり窓があるから、いい方かも・・
紅毛城には、4つの牢がある。

ほとんどの展示品には日本語の説明があるので、よく分かる!

でも説明文4つ目、右下の写真にあるフットスクレーパーが『靴ぬぐい板』っていうのは、どうなんだろう?
たしかに靴底に付いた泥を落とすための道具なんだけどね・・

台湾人コックのためのキッチン
解説によると、ここで台湾人が官吏と囚人のための食事を作っていたらしい。
同じものを食べていたワケじゃないだろうけど・・

陰気な地下牢から階段を上がって正面玄関へ来ると、美しい淡水の風景が広がる☆
目の前にあるのは川で、向こう岸が八里(バリ)。
写真右手は、すぐ河口だから、川とは思えない幅だ!

八里や河口の漁人碼頭へ行く観光用フェリーもある。
船酔いしない人は、クルーズ気分で乗ってみるといい♪

紅毛城の遺品
1628年、スペイン人によって造られた紅毛城は、セント・ドミニカ城と呼ばれた。
台湾最古の建築物で、その後オランダや英国が支配した。

この装飾が何の部品なのか分からずに写していたが、説明を見るとカーテンのパーツのようだ。
私は、こういう『アイアンワーク』が好き♪

籐製の乳母車☆
日本と違って、赴任先へ家族が一緒に行く英国人だから、こんな品が残っているんだと思う。
乳母が付き添って、淡水の水辺を散策したんだろう!

この時代、すでに消火器があったことに驚く!
ちなみに台湾語では『滅火器』というらしい。
消火器より効き目がありそう♪

紅毛城は、異国情緒を感じる美しい城だ☆

観光情報
名前 紅毛城
住所 新北市淡水區中正路28巷1號

紅毛城へのルート