北九州空港からジンエアーで釜山へ♪

今回の釜山旅は、北九州空港からジンエアーで行く。
大きな理由は、3つ。

ジンエアーを利用する理由
・価格が安い。
・空港への交通費が安い。
・駐車場料金が2日分無料になる。

価格が安い

東京や大阪並みに韓国便航空チケットが安いのが、福岡県のメリット♪
今回の釜山便は、出発まで1ヶ月を切っていたにも関わらず、往復税込みで11,000円。
韓国便の相場を知らない人に話すと「それは、片道料金ですか?」と言われるくらい安い☆

空港への交通費が安い

北九州空港の場合、利用は北九州都市高速道路だけで済む。
片道520円だから、往復1,040円。

福岡空港の場合、国道3号線は早朝深夜以外は渋滞が起きるので、怖くて使えない!
九州道と福岡都市高速道路を利用すると片道1,800円だから、往復3,600円。

駐車場料金が2日分無料になる

北九州空港は現在、国際線利用者に2日分の駐車券をくれるので、6日間1,800円で済む。

福岡空港は、航空会社と便を選べるが、空港への交通費3,600円と駐車場料金6日分6,000円、合計9,600円もかかるので、私の場合は北九州空港からの路線がない場合のみの利用になる。

 

さて、出発3時間前に自宅を出て空港へ向かう。
これも北九州空港のメリットの1つだが、大事故による渋滞が起こらない限り、1時間あれば充分♪

東九州自動車道から延伸されている高架工事を横目に見ながら、1車線だけになった道路を走る・・
小雨混じりのうっとうしい天気なので、今ひとつ気分が盛り上がらない。

駐車場に入る時、すぐ前に入った車が左端から順番に空きをチェックし始めたので、少し先から入って探す。
すると、ターミナル側から数台目の車が出て来た!

12月に利用した時より、よい場所を確保できたので良かった♡
雨が降っている時は、できるだけ近い場所がいい。

 

ターミナルへ入ったら、まずスターフライヤーの売店へ向かう。
前回、買い忘れたおいもっちを買うつもりだったが、売り切れ!

釜山の友だち詞子がクロワッサン好きだと分かったので、北九州では有名な三日月のクロワッサンを土産にすることにする。

種類が多くて悩んだが、プレーンとチーズを2つずつ、お試しでメープルを1つ買ってみた。
箱が5個入りと10個入りと書いてあったので、5つにしたが、ふつうに袋へ入れた。

数少ない出発ロビーのイスにスーツケースを広げて、クロワッサンを詰め込んでからチェックインカウンターへ。

行列に並んでからスマホをチェックすると、同行者のなおから「Wi-Fiを借りてから、出発ロビーへ上がる」と連絡が来ていた。

今回、なおのWi-Fiをどこで借りるかを調べた時、北九州空港でも借りることができると知った!

私自身は、2年前から使い捨てのsimカードを使っている。
重いWi-Fi機器と予備バッテリーを持ち運ぶのと、手続きの手間がめんどうだからだ。
simカードは、出発前夜に入れ替えておく。

この作業で、simカードが正常に働くことを確認でき、安心して出発できるのもいい☆
日本ではソフトバンクを利用して通信でき、韓国に到着するとSKテレコムになる!

8日間4GBを使える!
調べ物やLINEなどで写真を送っても大丈夫。

値段は、約1,500円。
レンタルWi-Fiより、かなりお得♪

なおのように、日本の電話番号の確保が必要な人は、レンタルWi-Fiを借りるしかない。

なおがやって来たので、いっしょにチェックインしてから、1Fのインフォメーションセンターで2日分の無料券をもらった。

やることもないので、早く出国手続きを済ませてしまおうと思ったが、90分前にならないとゲートを開けてくれない。

時間になって再び荷物検査場へ向かうと、大行列ができていた!
中国で発生した新型肺炎もなんのそのだ・・

マスクをしている人は少しいるけど、スターフライヤーで台北へ戻る人たちも韓国人も元気いっぱい♪
釜山行きも日本人より韓国人の方が多い。

着陸するスターフライヤーを滑走路手前で待っているところ♪

韓国では旧正月が終わったばかりなのに、この時期でも平日休める人が多いことに驚いた!
3通路側を選んだなおと窓側を選んだ私だったが、幸い真ん中に誰も来なかったのでゆっくり過ごせた♡

金海空港に到着したジンエアー機(写真は、12月に写したもの)

前方の席だったが、金海空港はいつも通りの沖止めなのでバスで移動。
1台では乗りきれない・・

入国審査は、何と1番だった!
しかし、スーツケースが出てくるのが遅かったので、空港を出るのは遅かった。

ウォンは前回の残りがあるので、ターミナル内の両替には寄らず、タクシー乗場へ向かう。
スマホの画面にホテルの住所を拡大して運転手に見せようとしたが、住所を言うと「釜山ホテルの傍だね?」と言うので、そのまま出発!

いよいよ、なおと2人の釜山旅が始まる♪