北九州空港からジンエアーでソウルへ

北九州空港発10時の便なので、約3時間前に自宅を出る。
何といっても、正月3日だから早朝の道路は空いている♪

正月に外出するのは、久しぶりだ。
父が亡くなってからは、正月に出かけることがなくなっていた。

連絡橋を渡る時、ちょうど朝日が昇る。
私にとっての初日の出だ☆
海上空港である北九州空港は、東に向かって2kmの橋を走るので、朝日が眩しい!

相変わらず駐車場は、車が多い。
少しでもターミナルに近い場所に停めたいので、ウロウロ探していたら4台目という場所が空いていた♡

いちおう24時間対応空港だけど、7時30分過ぎてもインフォメーションに誰もいない。
早朝便があるんだから、誰かいなきゃねぇ・・

ジンエアーのチェックインは、出発2時間前からしか受け付けない。
小さな空港は、融通が利かない!

国際線利用者は、余裕を持って到着したいので、どうしても早めに空港へ来る。
滞在時間を快適なものにするために、チェックインや出国手続きは、もっと幅を持たせてほしい!

ボーディングブリッジに接続されたジンエアー機

制限区域に入ると、ホッとする。
ここまで来れば、ペットボトル入りの飲み物を買うことができる!

余ったコインで買うのにピッタリのお菓子がズラリと並ぶ棚。

時間を持て余すので、免税店を覗いてみる♪
コンビニより小さな店舗だが、最近は売場の前までお菓子売場を拡張している。

11月に買った沖ノ島という日本酒は、もう置いていない。
代わりに菊正宗が戻っている。

天気が良いので韓国国土の上を通過する時は、よく見えた!
数年前の1月は、大地が白く凍っていたが、今回は白い部分が少ない。
仁川空港には全く雪がなかった。

大韓航空の子会社だけあって、ちゃんとメインターミナルのボーディングブリッジへ。
ところが、なかなか接続ができず、小さな窓からCA2人がかわるがわる覗いているのが可愛かった♪

飛行機を降りるとターミナル内は、やはり寒い。
入国審査は、ほぼ待ちなしで通過☆

大韓航空などのスカイチームだけが利用する第2ターミナルは、2週間後に営業開始するタイミングだった。
制限区域を出て、SKテレコムでレンタルWi-Fiを借りてから、リムジンバス乗場へ。

派手なリムジンバスの横には、翌月開催される平昌オリンピックのマスコットが付いている♪

チケット売場で「会賢(フェヒョン)駅まで!」と言うと、「南大門市場(ナンデムンシジャン)?」と言いながら、6015番の切符をくれた。
バス停の案内図をよく見ると、会賢駅と南大門市場はどうやら違う。

電子掲示板で自分が降りるバス停を確認しよう!

変なところでバスを降りて歩くのはイヤなので、6015番が来たが、乗らない。
乗客に行先を訊いていたスタッフのおじさんが、「ここでいいよ!同じだから」と6001番のバス停にいた私に教えてくれた♡

3時に起きたので、ポカポカ日が当たるバスに乗っていると、眠くて沈没しそうになる・・
いつもならソウル市内へ入ると、あちこちで人が降りるのに、今回は会賢駅で私が降りるまで誰も降りなかった。

バス停は、ホテルの真ん前!
しかし、インチョン空港行きのリムジンバスは、全然違うところから乗ることになるので注意が必要だ。