巨済島花まつり

釜山(プサン)へ何度も通うと、欲が出て周辺地域にも行ってみたくなる♪
ちょうど牡蠣が美味しい季節なので、有名な産地である巨済島(コジェド)へ行こうと思い立った。

釜山広域市の南西にある巨済島は、車で渡れるアクセスの良い島!
船酔いする私は原則として、橋または空港のない島には行かないことにしている。(笑)

巨済島の旅について
巨加大橋 途中で途切れた橋?
巨済島捕虜収容所遺跡公園 1
巨済島捕虜収容所遺跡公園 2
巨済島で牡蠣づくし♪

巨済島についてネットで調べていると、訪問時期に農業公園で菊まつりをやっていると分かった!
せっかく菊の季節に来たのだから行ってみよう♪

会場近くになると道路が渋滞している。
右前方の空き地に自家用車がどんどん入っているが見えた!

日本語タクシーのドライバー・イさんは警備員の制止を振り切って、ゲートに停めた。
当然、警備員が「おいおい!ここへ停めちゃ困るよ!自家用車は、あっちへ行って!」と言う。

「足の悪いお年寄りがいるんだ。ちょっと降ろすだけだからいいだろう!」とイさんが言い返すと、アッサリOK!
韓国では、お互いがどんな立場だろうと、お年寄りがいちばん大切にされる☆

ハさんやイさんに手助けしてもらって車を降りた母が押し車を使っていると、警備員はニコニコ顔で見守って、中へ案内してくれる♪
私たちを降ろしたら、イさんだけが車を移動させる。

会場には、移動遊園地もできていて、おおぜいの子ども連れでにぎわっている。
乗物に乗りたくて、駄々をこねる子どもを会場から引き離すのは、親たちにとって至難の業だ・・

出入口から入ると、左手は飲食関係のテントが並ぶ。
目の前から右手にかけて、菊でつくったオブジェがたくさんある!

デコポンそっくりのハルラボンと呼ばれるミカン型のオブジェの前でポーズを取る親子がいた。
写真慣れしたお母さんのポーズがステキ♪

菊の門をくぐると、中ではステージで催しが行われていた。

韓国らしい記念碑の前で、疲れて座り込む父娘たち・・
遊ぶのも体力がいるよね♪

クリスマスツリーみたいな高い三角錐のオブジェ。
これだけ積み上げるのは、大変だろうなぁ・・

たくさんのオブジェの奥に見えるオレンジのもようのテントは、飲食関係のテント。
巨済島で取れるハチミツを売っている店舗もあった!

体験コーナーは、ブルーのもようのテント。
韓国は、おまつりの時、伝統的な遊びをする場所がある。
手前で弓を構えた女の子は、ポーズが決まっているよね♪

ここで、トイレへ行った母が戻らず、ひと騒動あった。
母を心配したハさんが主催者にお願いして、マイクで呼びかけたのだ。
放送を聴いた私は顔から火が出るほど恥ずかしかった・・

そもそも、韓国語が分からない母は放送を聴いても、自分のことだと分からない。
私が走り回って、トイレの近くにいた母を発見し、事なきを得た♡

後で母に事情を訊いたら、「トイレへ行こうと思ったが、場所が分からず迷った。ステキな手作りアクセサリーを売っているのを見つけたので、時間がかかった。」と言う。
ヤレヤレ・・マイペースな年寄りに振り回されてしまった!

観光情報
名前 거제시농업개발원
住所 경상남도 거제시 거제면 서정리855-24

거제시농업개발원へのルート