光州広域市 メトロ体験

初めての全羅南道の旅4日目。
午前中は、鉄道で務安の1つ先にある夢灘(モンタン)駅まで行って、MARIKOさんと回山白蓮池(フェサンペクリョンジ)を見学。
午後は、光州広域市へ移動して街歩き♪

◆今日の訪問先◆
回山白蓮池(フェサンペクリョンジ)
務安干潟ナクチ通り 第一食堂
全羅南未知バス交通について
楊林近代歴史文化村で気になったもの
楊林 近代歴史文化村♡李章雨の家
楊林 近代歴史文化村♡ペンギン村

交番で警察官に道を訊いていたら、途中から会話に割り込んで来たおじさん♪
おじさんが教えてくれた近道を使って無事、地下鉄アジア文化殿堂駅へ到着。

グリーンの地下鉄マークは韓国のどこでも同じような感じだから分かりやすい☆

光州広域市は、地下鉄1号線が走っている。
東区にある鹿洞駅から光山区にある平洞駅までを結ぶ全長20.6kmの路線。
だけど・・2号線も3号線もないのに、1号線と付ける意味がある?

韓国では、地下鉄や地下街を利用する時、延々と階段を上ったり下りたりするのがツライ。
韓国のお年寄りは元気な人が多くて、地下道や地下鉄への階段をどんどん歩いているから、すごい!

光州広域市の地下鉄は、釜山の金海国際空港を通る軽電鉄や大邱の地下鉄と同じようなトークンが使われている。
しかも、相当使い込まれたもの!

MARIKOさんは、途中のユースクエアからバスで務安(ムアン)へ帰る。
彼女の分だけ現金で買って、私は交通カードを使用♪
当たり前だけど、彼女の交通費や食費は全部、私持ち。

あいにく隣同士に座ることができず、通路を挟んで座った。
途中の駅からどんどん人が乗り込んできて、顔も見えない!
農城(ノンソン)駅で降りるMARIKOさんに、お別れの挨拶も満足にできなかった・・

暑いのに丸一日付き合ってもらい、これからまた1時間かけて、務安まで戻るんだから大変だ。
本当にありがとう♡

光州広域市の地下鉄車内のようす。
中心部を抜けると、乗客が少なくなり座席が空いてきたので、写真を撮った。

韓国の地下鉄に乗った時にいつも感心するのは、優先席の存在が守られていること!
優先席が空いていても、若者は絶対に座らない。
優先席で寝たふりをする日本の学生とは大違いだ。

シートは、1人分が決められた形なので、割り込みしにくい☆
フラットだと、お尻を押し込むおばさんがいるのは、日本と同じ・・
でも、アレは女性が空間を認識するのが苦手なのが理由かもしれない。(苦笑)

光州松汀駅で降りて階段を上がると、ホテルのすぐ傍だった!
毎日、歩いている道なのに、ここに地下鉄の階段があったことに気づいていなかった・・

광주광역시へのルート