皇龍寺址(ファンリョンサジ)

私が行ってみたいと思っていた慶州金氏誕生の地といわれる鶏林(ケリム)や新羅時代から続く冷凍庫・ソッピンゴは徒歩が多い、とガイドのハさんが言うので、あきらめた。

その代わり、別の場所へ案内してくれるそうだ。
蓮の花がチラホラ咲いている池を見ながらタクシーで移動する♪

田んぼの間の狭い道を進むと右手に駐車場があった。
工事中の現場みたいなところだ・・

駐車場から少し歩いて行くと、右手に一段高くなった場所がある!
ミニスカートの女性が階段を上がって行くところだ。

東洋最大規模といわれた皇龍寺は、総面積が2万坪もあった☆
はるか彼方まで見渡せる何もない平野にポツンポツンと礎石だけが残されている。

皇龍寺の建設が始まったのは553年、新羅の第24代・真興(チヌン)王の時。
そして完成したのは645年、善徳女王(ソンドクヨワン)の時!

丸い石が九層木塔の柱の基礎部分だ。
石の大きさで建物の規模も想像できる!

国立慶州博物館には、皇龍寺の復元モデルがある。
それを見ると分かりやすいだろう♪

風の音だけを聞きながら、礎石が並ぶ高台に立っていると時の流れを忘れてしまいそうになる。
向こうから、馬に乗った花郎(ファラン)がやって来る気配を感じた。
一瞬、自分が新羅時代にいると錯覚した・・

何となく奈良の明日香村と似ている。
あそこも独特の雰囲気がある☆

今日は慶州を歩き回った。
疲れ果てた母が礎石の上にちょこんと座っている。(笑)

いや、ちょっと待て!
そこは、もしかして・・と思って、ハさんに訊いてみると、やっぱりお釈迦さまの台座だった。
ハさんは笑いながら「大丈夫ですよ。罰は当たりませんから・・」と言う。

芬皇寺(プヌァンサ)
皇龍寺址からも見えるこの寺も善徳女王が建てたもの。
ここの石塔もすばらしいというが、今回は時間がないのでパス・・

今、思い返すと慶州でいちばん気に入った場所は、皇龍寺址だ♡
何もないけど、雰囲気がある!!

観光情報
名前 황룡사지(皇龍寺跡)
住所 경상북도 경주시 구황동 320-2

황룡사지へのルート