慶州 善徳女王に憧れて・・

2011年6月、初めて慶州を訪れた。
表題どおり、韓国ドラマ『善徳女王(ソンドクヨワン)』にあこがれたためだ♡

その頃、私は仕事が忙しくて撮りためたDVDを見る時間がなく、旅行前に必死で最終回まで見た。

内容は、朝鮮半島で初めての女性統治者となった新羅27代・善徳女王の話で、私にとっては初めての韓国時代劇だった。

韓国へ行くようになって3年過ぎていたが、まだドラマはほとんど見ていない時期だ。
いったん見だすと、どっぷりハマってしまう人が多くて怖かった・・

私は、ドロドロ愛憎劇や甘ったるい恋愛ドラマには興味がない。
コメディっぽい明るい話か歴史ドラマが好き♪

善徳女王は、テレビの予告か何かを見て、おもしろそうだと思って録画した。
かなり高額な予算をかけて作っただけあって、豪華で美しい☆

ストーリーには、イライラさせられるところも多かったが、内容に興味があった!
今は歴女という言葉があるが、まさに私は歴史が大好き☆

韓国の歴史には疎かったこともあり、理解できない部分をネットで調べることも増えた。
何しろ、新羅という国名は、日本史の『白村江の戦い』でチラッと習うくらいだから・・

新羅について知れば知るほど、当時の都だった慶州へ行ってみたくなった♡
幸い、慶州は釜山の北、約1時間の距離なので行きやすい♪

慶州に行くことを決めて、まず調べたのは名物料理だ!
しかし、残念ながら慶州は食べ物に関して興味を引くものがほとんどない・・

かろうじて見つけたのは、
・スンドゥブチゲ
・慶州パン
・サムパッ

そのかわり、宿はぜひ泊まりたいと思うところが見つかった!
羅宮(ラグン)という韓屋スタイルのホテルだ。
韓屋ステイには懲りていたけど、ここなら泊まってみたい♪

新羅の宮廷という意味にふさわしく、韓国全土から韓屋専門の建築家が50人以上も集まって伝統様式にのっとって造ったホテルだ。
客室は平屋造りで、フロントやレストランがある本館だけが2階建て。

ドラマのロケにも使われたとHPに載っているけど、そんなことはどうでもいい!
いちばん惹かれたのは、各部屋に露天風呂があること。
温泉好きな母娘なので、願ったり叶ったりの条件だった!

ところが、当時は日本から予約できるサイトがなかった。
仕方なくヨーロッパ旅行をしていた頃のようにFAXを送って、予約した。

慶州での個人観光に自信がなかったので、韓国観光公社の無料ガイドをお願いした。
釜山から同行してくれることになっている。

これで、旅の準備は完了!
さあ、新羅へ出かけよう♪