ランチはサムパッ!

ランチは、美味しいものを食べたかったけど、「慶州名物は쌈밥(サムパッ)です!」と言うハさんに負けた。

韓国人は料理を葉っぱに包んで食べるのが大好き♪
一方、私は葉っぱがキライ!とは言わないけど、素材の味が分からなくなるのがイヤ。

しかし、初めて会った貫禄あるハさんに、別の店がいい!と言えなかった。
今思えば、あの頃は若かった・・(笑)

そしてやって来たのは、이풍녀구로쌈밥(イブンニョグロサムパッ)!
『サムパッ通り』と呼ばれる通りの元祖らしい。

めちゃくちゃに突っ込んだ車でいっぱいだ・・
ハさんは、ここのボリパンというどら焼きみたいなお菓子が美味しいと教えてくれた。

店内は、イス席よりテーブル席が人気☆
韓国人はイスより床に座って食べる方が落ち着くんだろうか?
私たちは母がいっしょなので、イス席に案内してもらう。

サムパッは、サム(包む)、パッ(ご飯)のことで、食べ方がそのまま料理名になっている!
白いテーブルクロスを敷いたテーブルに並べられるのは、生や茹でた野菜たち。
見たことがない葉っぱの方が多い・・

そして、次々に料理がはこばれる!
最終的にはテーブルが見えなくなった。

小食な私は、戦う前に戦意喪失・・
個人に与えられるのは、銀色の小さな器に入ったご飯と味噌汁。
おかずは全部、分け合って食べる!

たとえば、焼き魚は2匹だ。
どうするかと思ったら、ハさんはハサミでザクザク切った。

全てのおかずを味見してほしいという気持ちなんだろうけど、骨が砕けて食べにくくなる・・
魚好きの母は「美味しい!」と言いながら、けっこう食べていた。

最初こそ、ハさんが指南するように葉っぱに包んで食べた。
でも、葉っぱでお腹がいっぱいになるから、食べたいおかずだけを食べることにする♪
私は、チェユクポックンと呼ばれる豚肉の味噌炒めが気に入った。

おかずは1つ1つ、ハさんが説明してくれるけど忘れてしまった・・
覚えているのはオカラで作ったコンビジという料理。

オカラでスープができるとは知らなかった!
特に美味しいものとは思わないけど・・

おかずが少なくなると、ハさんがスタッフに「これをお替わりね!」と言ってくれるので助かる♡
テーブルには店の名物だと言うボリパンも出ていた。

ボリパンは、小ぶりであんが甘過ぎず、土産にいいと思ったが、賞味期限がとても短いので買うのをやめた。

慶州名物サムパッは、一度食べたら充分な料理だ。

 店舗情報
名前 이풍녀구로쌈밥
住所 경상북도 경주시 황남동 첨성로 155

이풍녀구로쌈밥へのルート