武烈王(ムヨルワン)の墓

善徳女王(ソンドクヨワン)の甥にあたる金春秋(キム・チュンチュ)は、ドラマの中では生意気で小賢しい青年だ。
彼が後の武烈王だと知った時は驚いた!

金庾信の墓を見た後、近くにあるからという理由で、ハさんが案内してくれた。

入場料を払って門を入ると、右手に小さな建物がある。

何かと思って近づくと、大きな亀がいた。
可哀想に韓国の亀は、どこでも大きな荷物を背負わされている。

ここの亀も背中に石碑の基礎を背負っているようだ。
上の部分は無くなったんだろうか?
ぐえ~っいう風に首が伸びているのが、可哀想・・

帰国して調べたら、これは、韓国に現存する台座でいちばん古いものらしい。
多くの古墳は埋葬者が不明だが、亀の背中にある石の部分に「大宗武烈王碑」と書いてあったので埋葬者が分かったらしい。
碑文を書いた石は、どこにあるんだろう?

韓国の伝統建築物である宮殿やお寺などの屋根裏は美しい装飾がある。
丹青(タンチョン)と呼ばれる五色(青・赤・黄・白・黒)を使う決まりだ。
これらの色は、方位と五行を表す。

五行とは
古代中国の自然哲学の思想。
全てのものは火・水・木・金・土の5種類の元素からなるという説。

私は丹青が好きだ!
ここは最近、修復されたばかりなのか、色が美しい☆

ふと左奥を見ると、大きな墓が見えた。
家族連れが写真を撮っている♪

小さな子どもたちが、きちんと墓に手を合わせているのを見てビックリした。
子どもは親がすることをちゃんと見ている!
大昔の王さまへの尊敬の念が生きている国だ。

それにしても、分からないのは、王の墓なのに囲いも飾りも何もないこと!
大きさだけは、金庾信に勝っているけど・・

墓を回り込むように見ていくと、裏側でピクニックをしている家族もいる。
天気の良い日に家族で古墳ピクニックなんて、慶州ならではだろう☆

かなり強い日差しの中、日傘も帽子も持たない私はヨロヨロ・・
慶州は盆地なので夏場は暑い!
梅雨の晴れ間は、うれしいけど、暑いのは苦手だ。

武烈王の墓の傍には西岳洞古墳群がある。
たくさん並ぶなだらかな古墳は、のどかで心安らぐ風景だ♡

観光情報
名前 신라 태종무열왕릉(武烈王の墓)
住所 경상북도 경주시 서악동 842

신라 태종무열왕릉へのルート