ヒースロー空港 ターミナル4

いよいよ帰国日。
チェックアウトギリギリの12時までホテルの部屋で休んでいた。
スーツケースを預けて、ターミナル4へ行く。

出国までの動きを考えて、ターミナル内の設備をチェックするためだ。
スーツケースを持って動き回ると、本当に疲れるから・・

出発ロビーも到着ロビーもレストランの席には余裕がある。
だけど、食事をしたばかりなので何も飲みたくない!

ふつうの待合イスを探すけど、信じられないくらい少ない。
台湾の桃園空港もそうだったけど、チェックイン前のエリアにイスがないのは何故だろう?

空港は早めに行かなければいけない場所なんだから、座る場所を準備してほしい!
出発ロビーと到着ロビーの中間にあるエレベーターホールにイスが少しあり、コンセントが設置してあるのを見つけた!

アラブ系の男性2人が使っているので、私は少し離れた場所のコンセントを確保した。
ところが、コレは使えないものだった・・

男性1人がいなくなったので移動して、コンセントを使って充電開始♪
やっと100%になったと思って、メールをしていたら黒人女性が話しかけてきた。

「すみません・・もし、充電が済んだら、私に貸してもらえませんか?私のはサムスンなんですけど、あなたのは?ちょっとコードを貸してもらえます?あ、合いますね」とかなり強引!

まぁ、困っているんだろうから減るもんじゃないし、と貸してあげた。
ところが、充電しながら電話をしている。
そんなことをしていたら、いつまでも充電できないだろう!

トイレへ行きたくなったので、コードを返してもらって別れた。
まだまだ時間がある・・
何しろヒースロー発は、19時過ぎだ!

最初はキューガーデンへ行くつもりだったが、往復するだけで意外と時間がかかることが分かったので、やめた。
帰国まで30時間以上、寝られないから体力を温存する必要がある!

カフェで小さなアメリカノを注文してソファの席に座っていたら、前の席にさっきの黒人女性がまた来た。
まさか、私をつけていたのか?

今度は、コンセントの位置が私の席から離れているので、持ち逃げされないように見張っているのが大変だった。

何で私がこんな思いをしなければならないのか?と思いつつも、困っていると思うと知らん顔できない・・

ホテルへ戻る時間になり、コードを返してもらったら、コンセントの差込口の部品がない!
ふと見ると差したままだったので、引き抜いたら「ごめんなさい。忘れていて・・」と謝ったけど、もう会いたくない。

荷物なしで歩けば10分もかからないけど、この通路を重いスーツケースを持って歩くと2倍くらい時間がかかる!
だから、15時にホテルへ戻ることにしていた。

カートの上に置いてある『ロンドン』という文字入りのナイロンバッグは、必要に迫られてバースで買ったもの。
いかにも、おのぼりさんっぽくてカッコ悪い・・

ヒルトンホテルの外にもカートが数台あったので、利用することにした。
両手にスーツケースを持って歩くより、カートを押す方がまだマシだから・・

半年前にプレミアインホテルから使ったものより軽くて運びやすかったけど、それでも微妙な上り坂で疲れる。
この手のカートは、持ち手がブレーキを兼ねているので、ずっと押した状態で押さなければならないのだ。

15時30分頃、カウンターへ行ったら、すでに数組待機していた。
カウンターが5つくらいあったので、3番目に順番が回って来た☆
あっという間の発券だったので、いちおう便名を確認する!

ちゃんとロンドンーソウル、ソウル-福岡になっていた☆
これで、ひと安心♪

ラウンジ利用は最大3時間と書いてあるので、出国前に利用できるところへ先に行ってみた。
しかし、薄暗くて飲み物が有料だし食べ物もアラブ風料理やベジタリアン料理が中心で、コンセントもないので、すぐに出た。

スーツケースを持っていると疲れるので、はやく出国手続きをしてしまった方がいい!
液体類の仕分けは絵があったので分かったけど、パソコンについての注意書きがなかったので、そのまま機械を通したら、しっかりはねられていた!

そして、はねられた荷物は、係官がしつこく調べている!
たった2つの窓口しかないのに、両方ともアホか!と思うくらい液体類を持ち込んでいる女性たちがいる。

ジップロックよりひと回り大きな袋で3袋分だ!
「1人、1袋分しか持ち込みできないから入らない分は放棄して!」と言われても、日本人みたいに簡単にあきらめない。

何だかんだ言って、ぎゅうぎゅうに詰め込んでいた。
この2人の非常識な女性たちのせいで私は延々と待たされたあげく、仕事に飽きたスタッフが「ちょっと待っていてね」と言って消えたまま戻って来ない!

さっきまで仕事をしていたスタッフたちは、近くで立ち話をしている。
休憩時間かもしれないけど、待たされている身にもなってほしい!

しゃべるなら、どこか裏へ行けばいいのに。
入国時も2時間以上待たされたのに、帰国時も待たされてウンザリだ!
出国手続きを終えて制限区域へ入ると、ホッとした☆

免税店は、昔の方がずっと多かった気がする。
免税店の品は、ほとんど市価と変わらないか、むしろ高いから、誰も買わないのかもしれない。

私もハロッズに寄って、手土産用のチョコレートだけを買った。
紅茶は安いハズなのに、ここのは立派な缶に入っているとはいえ、£10もするので買わない。
2月に、ロンドンで買っておけば良かったと後悔・・

チョコもたくさん買うとかさばるので、1箱3個入りの高いものにした。
レジのスタッフが「コレは、すごく美味しいわよ!いいのを選んだわね」とウインクする。
ホントならうれしい♡

チョコレートに£130も払った!
持っていた紙幣を全部使って、足りない分をカードで支払う。

買い物が終わったら、ラウンジで食事をして、のんびり過ごすつもりだ。
ところが、ほぼ満席・・

キョロキョロしたら窓側の1人用が空いていたので、前の客が残したグラスやペーパーを片付けてもらって席を確保♪

ここは飲み物も料理もわりと充実していた。
大きな皿にサラダやチキン、ビーフシチューなどを取って食べた。

めちゃくちゃ美味しいワケじゃないけど、ふつうに食べられる♪
ビーフシチューは、けっこう美味しかった♪

2回目は、チキンカレーにも挑戦してみた。
英国のカレーは、美味しくない!

昔、チューリヒで食べたカレーは美味しかったなぁ☆

デザート系は、パサパサした生地のケーキなので取らなかった。
18時37分に大韓航空のゲートが決まった!
11番ゲートだ。

20分前にラウンジを出て、11番を探すと、すぐ近くだった。
昼からずっとヒースロー空港にいるのに結局、飛行機を写すチャンスは、ほとんどなかった。
動いてないから当たり前かもしれない・・

さようなら、英国♪