旅スケジュールの作り方

旅スケジュールの作り方は、いくつかある。
作り方は、目的によって変わる。

旅スケジュールの作り方
・日程が限られている場合
・行きたい場所が決まっている場合
・出費を抑えたい場合

日程が限られている場合

仕事を持っている人のほとんどが当てはまるだろう。
土日が休みの人が多いので、週末は航空券と宿泊費が高くなる。
少しでも費用を抑えるために、できるだけ早く日程を決めて早割を利用しよう!

ホテルサイトも早く決めると割引が大きい。
ただし、早く決めると万一、旅を中止しなければならない時にリスクが高くなる。
不安がある場合は、少し高くても直前までキャンセル料がかからないプランを選ぼう!

行きたい場所が決まっている場合

思いどおりの旅をしたい人が、ひとり旅をする♪
行きたい場所が決まっているなら、その場所へ行くのに必要な日程を考えて日数を決めよう。

入場時間や営業日が決まっている場所は、必ず確認しよう!
たとえば、博物館や美術館の多くは月曜日が休館日のところが多い。
それなのに日曜日から火曜日の2泊3日で旅程を組むと、ほとんど見学時間がない。

これは飲食店も同じだ。
どうしても行きたい店があるなら、営業日と営業時間を確認しておこう!

出費を抑えたい場合

時間はあるけど、お金を使いたくない人は安い時期を狙おう!
自分が使うかもしれないエアラインのメールマガジンは、ぜひ登録しておこう。
年に数回、いろいろなセールを行うので、見逃さないようにするためだ。

運良く安いチケットを手に入れたら、旅の計画を進めよう♪
タイミングは航空券を買ってから、宿泊先を決めるのがよい。

航空券は早割の場合、日程変更にはキャンセル料がかかる。
だが、宿泊施設はホテルサイトによって直前までキャンセル料がかからないプランもあるからだ。

同じ場所へ行って同じことをしても、高い時期と安い時期では、5倍以上差が出る!
旅は時期によって、とても差が大きいのでじっくり検討しよう。

 

今回の釜山旅は、なおにとって日程が限られる。
金曜日の夕方便で釜山へ行き、日曜日の昼便で戻るから、動けるのは金曜日の夜と土曜日1日だけだ。

釜山を何度も訪れている私を気遣って、なおは観光を放棄したので、食事を優先する。

なおが釜山で食べたいもの
機張(キジャン)の蟹
・チーズキムパッ
テジスユク
ホルモン焼き

機張への移動は往復3時間見ておかないといけないので、行くのは土曜日しかない。
そうなると、土曜日の夕食は軽いものしか食べられないので、チーズキムパッに決定!

ホルモン焼きは朝から食べられないので、金曜日の夜。
帰国日である日曜日の朝、テジスユクを食べることに決まる♪

次に移動方法を考える。
機張は数年前に釜山市の一部になったが、南浦洞からかなり距離がある。
移動方法は3つ!

南浦洞から機張への移動方法
・南浦洞から路線バスで機張へ向かう。
・地下鉄1号線で西面(ソミョン)へ行き、徒歩で釜田(プジョン)駅へ。ここから列車で機張へ向かう。
・南浦洞からタクシーでダイレクトに機張へ。

上から順番に高くなる。
タクシーだと南浦洞から機張まで50,000ウォンくらいかかるので、パス!

釜田駅から機張駅は列車の種類によって変わるが、所要時間は30~40分。
ただし、南浦から地下鉄と徒歩での移動を足すと、バスと同じくらいの時間がかかる。

そこで、ホテルから近いバス停から行ける路線バスに決定!

帰りは、センタムシティまでタクシーかバスで移動して、南浦洞まで地下鉄で戻る。
帰国日は、テジスユクを食べた後、ホテルからタクシーで金海空港へ向かうなおを見送る。

こんな感じで大まかなスケジュールが決定!