2度目の五日市ハ昌 お好み焼き

倉敷・宮島あなご旅3日目。
倉敷から五日市まで約160km、グーグルによれば2時間20分の道のり。
だけど、高速道路の運転が退屈で死にそうになる私は、何度も休憩するので時間がかかる・・

五日市インターで下りると、渋滞が激しい。
店の前はムリだと思って、手前の路地から裏の駐車場へ回ったけど、1台分空いていた!

やはり、休日と平日は違うのか?
前回来たのは、日曜日だった。

12時少し前に到着したが席はいっぱいなので、ちょっと座って待つ。
席へ案内されたのは早かったけど、待ち時間が長い。

驚いたのは、前回見た時、男性3人がお好み焼きを作り、女性2人は雑用をしていたのに、女性が焼いていたこと!
日によって違うんだ・・

今回は、ぜいたくしてイカ天入りを注文♪
最初に見たイカ天入りの3つは、私と同時に隣へ座った関西弁の若い男性たちの分じゃなかった。
しばらく、イカ天入りを焼いてないから、まだまだ食べられないと分かる。

前回も、焼くのをずっと見ていたけど、最初に薄く粉を焼く作業が重要らしい。
おたまを使ってクルっと円形に広げていくが、納得できない時はサッと捨てる!

タイミングとしては、まだ生地が乾かない時なので、判断はとても早い。
ヘラで、クシャッと丸められた生地は焦げた材料などを入れる溝に落とす。

店長が焼いたものでも、横に立つ女性が容赦なく落としているから、力関係じゃなく品質を考えているんだろう。

出来上がったお好み焼きにマヨネーズ、おたふくソース、七味をてんこ盛りかけている女性がいた。

味音痴なのか?
どうやって食べても自由だけど、店の人にとっては味を否定された気分になるだろう・・

母親と思われる人は、半分でギブアップして彼女へ回す。
それを全部、食べたからすごい!

隣の関西弁の男性たちは、そばダブルのイカ天だ!
めちゃくちゃ大きい!
すぐ写真を撮って、インスタグラムにアップしていた。

今日は、食べきるのが苦しい。
やはりイカ天が余分だった・・

でも、美味しい!
両面の薄い粉や焼きそばはカリカリなのに、中の野菜はトロッと柔らかいので、食感の違いを楽しめる☆

店を出たら、13時30分過ぎていた。
分厚いお好み焼きが焼けるまで、約30分かかる。
時間に余裕をもって出かけてね♪

ドライブ旅には、無料駐車場がうれしい!
広島で、お好み焼きを食べるなら、ここがおススメ☆

店舗情報
名前 五日市 八昌
住所 広島県広島市佐伯区五日市中央1丁目3-33

八昌へのルート