岩国 錦帯橋

2021年最初の旅は、四国へ。
口は達者でも体力がないので、途中、広島で泊まって往復するつもり。

旅の初日に立ち寄るのは、岩国の錦帯橋♪

錦帯橋について
国指定の名勝で、日本を代表する木造橋。
1673年、岩国3代領主の吉川広嘉(きっかわひろよし)が現在の橋の原型となる木造橋を建造した。
ところが、錦川の洪水で、すぐに流失。
改良を加え翌年に再建された橋は、1950年9月の台風による洪水で流失するまで276年間、使用された。
その後、市民の強い要望で、1953年に再建。
2002年からは、劣化した木造部分の架け替えを行い、2004年3月に完成。
木造部分の掛け替えは、旧錦帯橋でも江戸時代から定期的に橋大工の代替わりで行われていた伝統事業。
橋の長さは、直線で 193.3メートル、幅は5メートル、橋台の高さは6.6メートル。
巻きガネとカスガイを使い、釘を使わない「木組みの技法」を使用。
反り橋の構造は精巧かつ独創的で、現代の橋梁工学からみても非の打ちどころがないと言われる。

錦帯橋は、子どもの頃から行ってみたいと思っていたところだ。
母方の祖父が若いころ、酔っぱらって、錦帯橋でタヌキかキツネに騙されグルグル歩かされた、と聞いている。

かなり遊び人だったそうだから、あり得ない話ではない。
当時、この辺りはかなりにぎわっていたんだろう☆

風が強くて寒い日だったので、通行料を払って橋を渡りたいと思わなかった。
渡ったら、戻らないといけない・・
駐車場や道路から写すだけで充分♪

映像では見ていた錦帯橋だけど、間近に見るとアーチの形が本当に美しい♡
コレを、木組みだけで作る大工のワザがすごい!

そのワザを後世へ伝えるために、あえて定期的に改修工事をしてきたのもえらい!
技術の継承と治水をみごとに果たしている☆

横から見たアーチの美しさもいいけど、河原から見上げると違う趣きがある。
1950年の台風で、土台も壊れたが、かき集めて造り直したそうだから、ほとんどの石は最初に造られた時のものだ。

場所によって切り出した四角い石と丸い石を組み合わせているのは、何か理由があるのか?
城側の三方は四角い石で、反対側の半分だけが丸い。
入場料を払って橋を渡れば、ガイドにいろいろ訊けたかもしれない・・

ひとり旅の良いところは、気に入った場所に好きなだけいられること♪
満足するまで錦帯橋を眺めて、宮島へ向かう。
天気に恵まれ、美しい錦帯橋を見ることができて、良かった☆

錦帯橋へのルート