済州島のコギククス

済州島へ行く前、食べ物について調べていて、いちばん気になったのがコギククス(豚肉うどん)だ!
豚骨ラーメンで育った私には、うどんと豚肉の取り合わせがピンと来ないけど、美味しそう♪

初めて訪問した2009年当時、済州島の食事情報は、本当に少なかった。
そこから得た中で、選んだのがオルレククスという店。

ハングル文字を読むこともままならない頃だったから、ホテルのコンシェルジュでタクシー運転手に見せるための住所と電話番号を書いてもらった。

旅のワンポイント!
外国では、その国の言葉をしゃべれない場合、口頭で行先を言うのは、トラブルの元!
できるだけ避けた方がいい。

タクシー運転手は、ナビで住所を検索して出発♪
ところが、場所がよく分からないようで、店へ電話して場所を確認している。
大通りから1本入った路地には、店の外まで行列ができていた。

行列というか、どこが最後尾なのか分からない団子状態・・
しばらく観察していたら、代表者が店内に行って注文しているのだと分かった!

店のアジョシ(おじさん)に「コギククス、2つ!」と注文して、待つ。
11月なのに、済州島は風が強くて、寒く感じる・・

小さな店だけど、メニューに日本語があった。
料理名に簡単な内容説明が添えてあるので、分かりやすい♪

20分くらい待って、やっと順番が来た♪
案内されたテーブルで、周りの人たちのやり方をチェック。

座ると、すぐに無料おかずを持って来てくれる。
白菜キムチと青唐辛子とサムジャンという味噌。

韓国の青唐辛子は、つやつやしてすごく美味しそうだけど、辛いのか?
青唐辛子には、激辛と全く辛くないものがある。
ここでも、周囲の人たちの反応を見る♪

たまたま近くに、男女2人ずつの若者グループがいた。
男の子が「これ、辛いかな?」と言いながら、青唐辛子をかじる。

相当辛かったようで、ヒーヒー言っていた!
手を出さずにいて、正解☆

コギククスは、大きなどんぶりで出て来た。
まずスープを飲んでみると、胡椒の味が強くてサッパリした味!
薄味なので最初は物足りない感じだけど、最後まで楽しむには、ちょうど良い。

うどんというには細くて、ラーメンより太い麺だ。
麺にコシがないのが、残念・・

でも、茹ですぎなワケじゃない。
韓国人は、こういう麺が好きなんだろう♪

麺の食べ方も、観察しているとおもしろい!
多くの人は、箸に麺をグルグル巻きつけるようにして食べている。

うどんの上にのっている厚切りの豚肉は皮付きで、トロトロに煮込んであり美味しい☆
寒い中、待ってでも食べる価値がある!

記事を書くために調べたら店がなくなったようだ・・
と思ったら、韓国語のブログで店を発見!

最近は、韓国語ブログを検索するくらいの語学力ができた。
店の外観が違うから移転したのか、立て直したんだろう♪

店舗情報
名前 올래국수
住所 제주특별자치도 제주시 연동 301-19

올래국수へのルート