小祝 中津の漁師町

ふらっと中津へ1泊2日のドライブ旅♪
中津へのルートの途中にある綱敷天満宮へ梅の花を見に寄った。

【関連記事】
綱敷天満宮 梅の花

北九州市から中津市へ向かう時、山国川を渡ると大分県中津市。
福岡県側の吉富町は、江戸時代は中津藩だったこともあり、生活の多くを中津市と共有している不思議なまちだ。

市外局番や郵便番号も中津市と同じ!
だから北九州ナンバーで越境しても、全然怪しまれる心配がない♡

14時頃、山国川横のコメダ珈琲でおやつタイム♪
食べたかったごちそうカスタードが売り切れ・・
仕方なく、ミニシロノワールとプレミアムコーヒーSophiaを注文。

天気が良いので、行ったことがなかった小祝(こいわい)をめざす。
小祝は、山国川の河口にある中洲地区。

大分県側に3つの橋しかないので、中津城の傍にある橋を渡る。
思ったより狭く、車は離合できない。

驚いたのは、小さな漁師町だと思っていた小祝に、大きな中学校があったこと!
後で聞いたところ、小祝地区だけでなく川を渡った市街地から通う生徒もいるらしい。

漁師町といえば狭い路地がふつうなのに、道路が整備されていて走りやすい。
いちばん東側にある港へ向かうと、立派な漁港があった。
残念ながら高い防波堤があり、海が見えない・・

漁港の出入口部分だけ開いている。
表紙に使ったのが、ソレ!
防波堤の上へ行けるようにしてくれたらいいのに・・

最近、中津で売り出している『ひがた美人』というブランドの牡蠣を食べさせる牡蠣小屋もある。
残念ながら、この日はやっていなかった。

座ってしゃべっている高齢男性2人が、ジッとこっちを見る。
おばさんが1人で何をしに来たのか?と思っているんだろう・・

港で車を降りて、写真を撮ろうとしたら、強風でドアがバーン!と開いたので、慌てた。
風が強いと、ドアが傷む場合がある!

誰もいないと思っていたら、1艘の船に夫婦らしい2人を発見。
動きのない港だったのに、沖へ出て行くところを撮れた☆

小祝へ来たもう1つの目的である外園からあげ精肉店をめざして、適当に走る♪
道は何本もないから、行けるだろうという考え。
中学校の敷地に沿って走ると、少し広い道路へ出た。

右側に唐揚げ店がある!と喜んだのもつかの間。
定休日の看板が!

そういえば、美味しい個人経営の店は、たいてい日曜・祝日が休みだよねぇ・・
食べたかった唐揚げが幻になって、かなり落ち込む。
いや、また中津に来る理由ができた!

店舗情報
名前 外園からあげ精肉店
住所 大分県中津市小祝652

外園からあげ精肉店へのルート