オリぺクス(鴨の水炊き風鍋)

ぺクスの存在を教えてくれたのは、私がよく行く韓国料理店の店主ミンジョンだ!
タンと呼ばれる鍋とぺクスは、どう違うのか分からないけど・・
鴨が大好きな私は、鴨バージョンを食べたいと思い、詞子に店を調べてもらった。

ウェールズ留学の直前、詞子といっしょに釜山の金井山城(クムジョンサンソン)へ向かった。
10月、天気の良い週末だったので、山歩きを楽しむ釜山っ子たちで、バスはいっぱい!

遠足へ出かける子どものように、2人で浮かれて山道を登るバスに揺られる♪
めざすのは集落がある地域で、詞子は店を決めているようじゃない。

みんなが降りるバス停で降りた。
アウトドアスタイルの人たちは、みんな昔の城門をめざして行く。

道を歩きながら、오리백숙(オリペクス)という文字を探す♪
金井山城は、鴨やヤギ料理で有名だ☆

以前、金井山城マッコリを買うためにわざわざ来たことがあるし、ドライブの途中でカフェに寄ったこともある。
しかし、タクシーで来て、ピンポイントだけ見て帰ったので、位置関係がよく分からない。

金井山城に興味を持ったのは、韓国の伝統民族酒第1号に選ばれたマッコリがあると知って、飲んでみたかったからだ!

前もって連絡を入れておくと、マッコリを作る麹(こうじ)を持った職人が説明をして、試飲することもできる☆

詞子はアルコールがダメなので、この日、マッコリはパス!
店は満席で、少し待たされた。
レジにいる男性は、まだ若いが気配りでき、愛想がいい♪

昔風の靴を脱いで上がる部屋のテーブルに案内された。
メニューを見て、オリぺクスをチェック!

40,000ウォン。
焼肉なら1人前の値段くらいだ。

ビニールを敷いたテーブルに次々とバンチャン(無料おかず)が運ばれる。
野菜が多くて、しかも色がキレイ☆

真ん中に赤いパプリカを置いた大皿は、ビビンパッを作るためのものだろうか?
すべてナムルにしている。

もう1つの大皿は、ピリ辛のサラダだ。
韓国料理をたくさん食べたら絶対、便秘にならないと思う!

いつも味見程度しか食べないから、効果は、よく分からないけど。
しかし、韓国でも便秘薬を売っているからなぁ・・(苦笑)

韓国でおなじみの小さなサツマイモと皮付きピーナツもある!
これは、酒のつまみか?

かなり待って、大きな鍋が運ばれて来た!
デカい!!
見た瞬間、完食できないと悟ったが、勇気をふるって食べ始める。

首を落とされた鴨が、そのままデン!と入っている。
まず、スープを飲む!
コクがあって美味しい☆

塩気はほとんどなく、韓方薬を使うのか複雑な味がする。
どう見ても木切れにしか見えない物体がたくさん入っているが、硬くて食べられない!
たぶん、食べるものじゃないんだろう・・

鶏肉が大好きな詞子もうれしそう♪
私がキライな皮も大好きだと言うので、皮はお任せ♡

大きな鴨だが、相当な時間煮込んであるのか、身は柔らかくてスルッと骨が取れる!
「こりゃ、美味しい!」と2人とも、夢中で食べた。

部位によって、肉質が違う。
本当に鳥一匹を食べているのだと実感する!
鶏好きにおススメの店だ☆

表紙は、金井山城マッコリの工場。
壁画が楽しい♪

店舗情報
名前 청사초롱(庁舎提灯)
住所 부산광역시 금정구 금성동 554-15

청사초롱へのルート